税金使い桃田の“代役”佐々木に五輪切符のバカバカしさ

公開日: 更新日:

 これこそ棚からボタ餅だろう。

 世界バドミントン連盟は5日、リオ五輪出場選手が決まる世界ランキングを発表。5種目で計6つの出場権を獲得した日本の男子シングルス代表に決まったのが佐々木翔(33・トナミ運輸)だ。

 本来なら出場するはずだった桃田賢斗(21=NTT東日本)が違法カジノ店でのバカラ賭博によって世界ランクから外れたため、男子シングルスの日本人最上位になった佐々木に出場権が転がり込んだのだ。

 佐々木は前回ロンドン五輪男子シングルスで日本勢として初めて8強入りしたベテラン。「(桃田の)代わりができるのは認め合い、戦ってきた僕しかいない」と話していたものの、先のアジア選手権では1回戦負けしたばかり。世界ランク27位に過ぎず、何より今季限りの引退を表明している選手だ。「これからしっかり準備したい」とはいえ、桃田出場が確実視されていた時点で切れた気持ちの不安は拭えない。

 五輪の選手派遣費には国庫補助金、つまりは税金も含まれるわけで、わざわざ代役を立てる必要があったのか。桃田に無期限の出場停止処分を科した時点で、男子シングルスの選手派遣は見送るべきだったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  3. 3

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  8. 8

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  9. 9

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

  10. 10

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

もっと見る