税金使い桃田の“代役”佐々木に五輪切符のバカバカしさ

公開日: 更新日:

 これこそ棚からボタ餅だろう。

 世界バドミントン連盟は5日、リオ五輪出場選手が決まる世界ランキングを発表。5種目で計6つの出場権を獲得した日本の男子シングルス代表に決まったのが佐々木翔(33・トナミ運輸)だ。

 本来なら出場するはずだった桃田賢斗(21=NTT東日本)が違法カジノ店でのバカラ賭博によって世界ランクから外れたため、男子シングルスの日本人最上位になった佐々木に出場権が転がり込んだのだ。

 佐々木は前回ロンドン五輪男子シングルスで日本勢として初めて8強入りしたベテラン。「(桃田の)代わりができるのは認め合い、戦ってきた僕しかいない」と話していたものの、先のアジア選手権では1回戦負けしたばかり。世界ランク27位に過ぎず、何より今季限りの引退を表明している選手だ。「これからしっかり準備したい」とはいえ、桃田出場が確実視されていた時点で切れた気持ちの不安は拭えない。

 五輪の選手派遣費には国庫補助金、つまりは税金も含まれるわけで、わざわざ代役を立てる必要があったのか。桃田に無期限の出場停止処分を科した時点で、男子シングルスの選手派遣は見送るべきだったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る