• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

税金使い桃田の“代役”佐々木に五輪切符のバカバカしさ

 これこそ棚からボタ餅だろう。

 世界バドミントン連盟は5日、リオ五輪出場選手が決まる世界ランキングを発表。5種目で計6つの出場権を獲得した日本の男子シングルス代表に決まったのが佐々木翔(33・トナミ運輸)だ。

 本来なら出場するはずだった桃田賢斗(21=NTT東日本)が違法カジノ店でのバカラ賭博によって世界ランクから外れたため、男子シングルスの日本人最上位になった佐々木に出場権が転がり込んだのだ。

 佐々木は前回ロンドン五輪男子シングルスで日本勢として初めて8強入りしたベテラン。「(桃田の)代わりができるのは認め合い、戦ってきた僕しかいない」と話していたものの、先のアジア選手権では1回戦負けしたばかり。世界ランク27位に過ぎず、何より今季限りの引退を表明している選手だ。「これからしっかり準備したい」とはいえ、桃田出場が確実視されていた時点で切れた気持ちの不安は拭えない。

 五輪の選手派遣費には国庫補助金、つまりは税金も含まれるわけで、わざわざ代役を立てる必要があったのか。桃田に無期限の出場停止処分を科した時点で、男子シングルスの選手派遣は見送るべきだったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る