• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織圭とラケット“生涯契約”を結んだ「ウイルソン」の思惑

 男子テニスの錦織圭(25)が大型契約を手に入れた。

 30日、スポーツ用品メーカーの「ウイルソン」の新製品発表会に出席。その席上、同社から錦織が現役を引退するまでサポートする「生涯契約」を結んだことが発表された。錦織はジュニア時代から同社製のラケットを使用しており、これまで契約期間は3~5年が区切りだった。

 錦織と同様に同社と「生涯契約」を結んでいるのは、4大大会歴代最多となる17度の優勝経験があるロジャー・フェデラー(34=スイス)だけだ。同社の日本担当者は錦織の契約内容について明らかにしなかったが、フェデラーと同様の待遇だとすれば、かなりの大型契約となるはずだ。

 複数の米国のテニスメディアなどによれば、フェデラーには同社からスポンサー料として年間、200万ドル(約2億5000万円)が支払われている。専用のラケット開発も優先的に受けられ、フェデラーに合った用具を専門に扱う研究所も設置されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る