錦織圭とラケット“生涯契約”を結んだ「ウイルソン」の思惑

公開日:  更新日:

 男子テニスの錦織圭(25)が大型契約を手に入れた。

 30日、スポーツ用品メーカーの「ウイルソン」の新製品発表会に出席。その席上、同社から錦織が現役を引退するまでサポートする「生涯契約」を結んだことが発表された。錦織はジュニア時代から同社製のラケットを使用しており、これまで契約期間は3~5年が区切りだった。

 錦織と同様に同社と「生涯契約」を結んでいるのは、4大大会歴代最多となる17度の優勝経験があるロジャー・フェデラー(34=スイス)だけだ。同社の日本担当者は錦織の契約内容について明らかにしなかったが、フェデラーと同様の待遇だとすれば、かなりの大型契約となるはずだ。

 複数の米国のテニスメディアなどによれば、フェデラーには同社からスポンサー料として年間、200万ドル(約2億5000万円)が支払われている。専用のラケット開発も優先的に受けられ、フェデラーに合った用具を専門に扱う研究所も設置されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る