• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織圭とラケット“生涯契約”を結んだ「ウイルソン」の思惑

 男子テニスの錦織圭(25)が大型契約を手に入れた。

 30日、スポーツ用品メーカーの「ウイルソン」の新製品発表会に出席。その席上、同社から錦織が現役を引退するまでサポートする「生涯契約」を結んだことが発表された。錦織はジュニア時代から同社製のラケットを使用しており、これまで契約期間は3~5年が区切りだった。

 錦織と同様に同社と「生涯契約」を結んでいるのは、4大大会歴代最多となる17度の優勝経験があるロジャー・フェデラー(34=スイス)だけだ。同社の日本担当者は錦織の契約内容について明らかにしなかったが、フェデラーと同様の待遇だとすれば、かなりの大型契約となるはずだ。

 複数の米国のテニスメディアなどによれば、フェデラーには同社からスポンサー料として年間、200万ドル(約2億5000万円)が支払われている。専用のラケット開発も優先的に受けられ、フェデラーに合った用具を専門に扱う研究所も設置されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

もっと見る