錦織圭とラケット“生涯契約”を結んだ「ウイルソン」の思惑

公開日: 更新日:

 男子テニス錦織圭(25)が大型契約を手に入れた。

 30日、スポーツ用品メーカーの「ウイルソン」の新製品発表会に出席。その席上、同社から錦織が現役を引退するまでサポートする「生涯契約」を結んだことが発表された。錦織はジュニア時代から同社製のラケットを使用しており、これまで契約期間は3~5年が区切りだった。

 錦織と同様に同社と「生涯契約」を結んでいるのは、4大大会歴代最多となる17度の優勝経験があるロジャー・フェデラー(34=スイス)だけだ。同社の日本担当者は錦織の契約内容について明らかにしなかったが、フェデラーと同様の待遇だとすれば、かなりの大型契約となるはずだ。

 複数の米国のテニスメディアなどによれば、フェデラーには同社からスポンサー料として年間、200万ドル(約2億5000万円)が支払われている。専用のラケット開発も優先的に受けられ、フェデラーに合った用具を専門に扱う研究所も設置されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る