人気なのに…ヤフオクD屋根オープン年3日限定の裏事情

公開日: 更新日:

 希望に応えられない事情があるという。

 今年もソフトバンクは、ヤフオクドームの屋根を開いて試合を行う「ルーフオープンデー」を開催している。さわやかな海風の中で観戦したファンからは「年に3回と言わず、もっとやって欲しい」との声も聞かれたが、希望に応えられないワケがあるそうだ。

 そもそもはこのドーム球場は、天気の良い日は屋根を開けて試合を行うはずだった。それが、近隣に病院があったり、騒音で住民に迷惑がかかること、玄界灘からの湿った潮風が球場の上空で舞うことでプレーに影響することを現場が嫌って屋根を開けなくなったのだ。

「それが、ダイエー時代の球団幹部が、『(屋根を開けるのに)1回に100万円(実際は数十万円とか)ほどかかるが、勝った時は屋根を開けて、みんなで喜びを分かち合おう』といって、勝った試合の後だけ屋根を開けるようにしたら名物となった。夏は星空が見えてくると、生暖かい空気が球場全体を覆い、何ともいえない雰囲気になります。ルーフオープンデーは2012年からです。気温が30度以上になる真夏は無理ですが、4月や5月の平日のナイターに、3日間だけ屋根を開けたら好評なので続けているのです。なぜ3日間なのかといえば、しょっちゅう開けていてはイベントにならないし、試合中に風の影響は避けられませんから現場は歓迎しないのです」(球団関係者)

 前日は、先発全員打点の22-6でオリックスにボロ勝ちしたソフトバンクは、この日も5-2で勝って3連勝。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  9. 9

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  10. 10

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る