人気なのに…ヤフオクD屋根オープン年3日限定の裏事情

公開日: 更新日:

 希望に応えられない事情があるという。

 今年もソフトバンクは、ヤフオクドームの屋根を開いて試合を行う「ルーフオープンデー」を開催している。さわやかな海風の中で観戦したファンからは「年に3回と言わず、もっとやって欲しい」との声も聞かれたが、希望に応えられないワケがあるそうだ。

 そもそもはこのドーム球場は、天気の良い日は屋根を開けて試合を行うはずだった。それが、近隣に病院があったり、騒音で住民に迷惑がかかること、玄界灘からの湿った潮風が球場の上空で舞うことでプレーに影響することを現場が嫌って屋根を開けなくなったのだ。

「それが、ダイエー時代の球団幹部が、『(屋根を開けるのに)1回に100万円(実際は数十万円とか)ほどかかるが、勝った時は屋根を開けて、みんなで喜びを分かち合おう』といって、勝った試合の後だけ屋根を開けるようにしたら名物となった。夏は星空が見えてくると、生暖かい空気が球場全体を覆い、何ともいえない雰囲気になります。ルーフオープンデーは2012年からです。気温が30度以上になる真夏は無理ですが、4月や5月の平日のナイターに、3日間だけ屋根を開けたら好評なので続けているのです。なぜ3日間なのかといえば、しょっちゅう開けていてはイベントにならないし、試合中に風の影響は避けられませんから現場は歓迎しないのです」(球団関係者)

 前日は、先発全員打点の22-6でオリックスにボロ勝ちしたソフトバンクは、この日も5-2で勝って3連勝。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

もっと見る