人気なのに…ヤフオクD屋根オープン年3日限定の裏事情

公開日:  更新日:

 希望に応えられない事情があるという。

 今年もソフトバンクは、ヤフオクドームの屋根を開いて試合を行う「ルーフオープンデー」を開催している。さわやかな海風の中で観戦したファンからは「年に3回と言わず、もっとやって欲しい」との声も聞かれたが、希望に応えられないワケがあるそうだ。

 そもそもはこのドーム球場は、天気の良い日は屋根を開けて試合を行うはずだった。それが、近隣に病院があったり、騒音で住民に迷惑がかかること、玄界灘からの湿った潮風が球場の上空で舞うことでプレーに影響することを現場が嫌って屋根を開けなくなったのだ。

「それが、ダイエー時代の球団幹部が、『(屋根を開けるのに)1回に100万円(実際は数十万円とか)ほどかかるが、勝った時は屋根を開けて、みんなで喜びを分かち合おう』といって、勝った試合の後だけ屋根を開けるようにしたら名物となった。夏は星空が見えてくると、生暖かい空気が球場全体を覆い、何ともいえない雰囲気になります。ルーフオープンデーは2012年からです。気温が30度以上になる真夏は無理ですが、4月や5月の平日のナイターに、3日間だけ屋根を開けたら好評なので続けているのです。なぜ3日間なのかといえば、しょっちゅう開けていてはイベントにならないし、試合中に風の影響は避けられませんから現場は歓迎しないのです」(球団関係者)

 前日は、先発全員打点の22-6でオリックスにボロ勝ちしたソフトバンクは、この日も5-2で勝って3連勝。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る