四回で先発全員「打点」 ソフトB打ちまくってヘトヘト

公開日: 更新日:

 ここまでひどい試合も、そうはあるまい。

 24日、オリックス相手に嫌気が差すほど打ちまくったソフトバンク。なにせ、四回の時点で先発全員「打点」。終わってみれば17安打22得点という大勝だった。

 2番本多などは、延長戦でもないのに2試合分の7打席も回ってきた。1番城所の代打として四回から途中出場の吉村でさえ、4打数3安打3打点。八回には22点目となるソロを放つも、すでにナインはヘトヘト。わざわざベンチを出て祝福する選手もいなかった。

 ヒーローインタビューでは「全打席出塁しましたね」と話をふられた柳田が、「レフトフライが1つあります」と返す場面も。インタビュアーは慌てて記録を見直し、「すいません。(三、四回の)打者一巡でスコアがずれてました」と謝罪したが、柳田は「しっかりスコアをつけてください」と呆れ顔だった。

 試合終了後は笑顔を見せ合ったソフトバンクナイン。勝った喜びもそこそこに、「やっと終わった!」と胸をなで下ろしていたに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    “瀬戸大也にモラル”は八百屋に魚 味の素CM削除は自業自得

  10. 10

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

もっと見る