巨人先発“火の車” 二軍でくすぶる高年俸投手に冷たい視線

公開日: 更新日:

 甘くなかった。

 巨人の育成出身ルーキー・長谷川潤(24)が6日、中日戦でプロ初登板初先発。勝利投手の権利を得る目前の五回に逆転されて降板した。8安打1四球2奪三振4失点の内容だった。

 BCリーグ・石川から昨秋の育成ドラフト8位で入団。開幕直後の3月28日に支配下選手登録された。育成ドラフト入団投手の1年目先発デビューは史上初だったが、裏を返せば、それだけ巨人の先発投手陣が火の車ということになる。

 菅野と両輪の働きが期待されたポレダが不振で二軍調整中。1日に高木が中4日の強行先発でKOされれば、4日にはプロ5年目で通算1勝の江柄子を先発させたものの5失点で二軍に逆戻りとなった。

 そこで、改めて厳しい視線を向けられているのが、開幕から二軍でくすぶる年俸4億円の内海、同1億円の大竹寛である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る