今季防御率5点台…巨人“鉄人”山口の不調をOB投手分析

公開日: 更新日:

「軸足の左足に体重が乗らず、下半身に粘りがないのが全ての元凶です」

 巨人OBで評論家の高橋善正氏がこう言った。8年連続60試合登板の鉄腕、巨人の山口鉄也(32)のことだ。

 25日の広島戦。1点ビハインドの六回1死一、三塁のピンチで2番手として登板。1番・田中に145キロの直球を逆方向に運ばれると、打球は左翼スタンドに吸い込まれた。痛恨の3ランを被弾し、今季20試合目の登板で防御率は5.19となった。かつては0点台が当たり前だった鉄腕に何が起きているのか。広島のある選手はこう話している。

「ここのところの山口さんは、伝家の宝刀のスライダーがだいぶ投手寄りで曲がる。だからボール球にもバットが止まって見極められるんです。直球もいい時よりは遅くなっていますね」

 冒頭の高橋氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  6. 6

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

  9. 9

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  10. 10

    市民は反対票を「大阪都構想」維新は何度でも仕掛けてくる

もっと見る