防御率&奪三振の“二冠” 阪神3年目岩貞は何が変わったか

公開日: 更新日:

「初回にピンチを迎えたが、すぐに味方が点を取ってくれて、思い切っていけました」

 阪神の大卒3年目左腕・岩貞祐太(24)が6日のヤクルト戦で7回無失点、9三振を奪う好投で3勝目を挙げた。金本監督は「安定しているし、頼もしい。思い切りもいい」と褒め称えた。

 プロ2年間でわずか2勝だった岩貞が今季、飛躍的な成長を遂げている。6試合に先発し、41回3分の1を投げて自責点はわずかに「3」。防御率0.65は菅野(巨人)を上回りリーグトップ。55奪三振もリーグ1位で、奪三振率は驚異の11.98である。

「ストレートは150キロを超すわけでなく、時に140キロに満たない時もあるくらいだが、大きく強く腕を振って投げてくるので、ボールに力があり、打者は速く感じるようだ。高めに浮いたボール球にもつい手を出してしまう」と、ライバル球団のスコアラーも舌を巻く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る