防御率&奪三振の“二冠” 阪神3年目岩貞は何が変わったか

公開日: 更新日:

「初回にピンチを迎えたが、すぐに味方が点を取ってくれて、思い切っていけました」

 阪神の大卒3年目左腕・岩貞祐太(24)が6日のヤクルト戦で7回無失点、9三振を奪う好投で3勝目を挙げた。金本監督は「安定しているし、頼もしい。思い切りもいい」と褒め称えた。

 プロ2年間でわずか2勝だった岩貞が今季、飛躍的な成長を遂げている。6試合に先発し、41回3分の1を投げて自責点はわずかに「3」。防御率0.65は菅野(巨人)を上回りリーグトップ。55奪三振もリーグ1位で、奪三振率は驚異の11.98である。

「ストレートは150キロを超すわけでなく、時に140キロに満たない時もあるくらいだが、大きく強く腕を振って投げてくるので、ボールに力があり、打者は速く感じるようだ。高めに浮いたボール球にもつい手を出してしまう」と、ライバル球団のスコアラーも舌を巻く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  6. 6

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  7. 7

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  10. 10

    MLBが報酬巡り迷走 エ軍大谷はどっちに転んでもひとり勝ち

もっと見る