ミズノOP上位4人は全英出場…メジャー切符は外国人独占か

公開日:  更新日:

【ミズノオープン】

 今大会は、メジャー第3戦となる全英オープン(7月14日開幕)の予選会を兼ねており、有資格者を除く上位4選手に出場権が与えられる。

 2日目を終えて単独トップに立ったのは通算11アンダーの金庚泰(29)。2位は8アンダーの朴相賢(33)と韓国勢が続く。上位6人のうち外国人プロが4人。終わってみれば、メジャー出場キップは外国人プロの独占もあり得るのだ。

 そもそも今大会の上位4選手に出場資格が与えられるようになったのも、全英オープンと主催のミズノの強い結びつきがあったから。いわばジャパンマネーである。せっかくメーカーにお膳立てしてもらいながら、結果も出せないのだから、ダラしない。

 それでも昨季賞金ランク2位の宮里優作(35)、日本オープン覇者の小平智(26)の出場が決定しており、池田勇太(30)も6月上旬の時点で、現在の賞金ランク2位をキープすれば出場できる。しかし、昨年の全英オープンには日本人プロが8人出場したが、松山英樹を除く7人が予選落ちと、日本ツアーからの出場者は全滅。チャンスを生かすことができなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る