“主管”JGTOは指をくわえてツアー競技を見ているだけ

公開日: 更新日:

コラム【宮崎紘一「日本のゴルフを斬る」】

 日本ツアー51勝、ハワイアンオープンや世界マッチプレーなど海外4勝の青木功を新会長に担ぎ上げて今年から新たにスタートした日本ゴルフツアー機構(JGTO)が、手詰まり状態だ。

「いくら頭をすげ替えても、あれやこれや規制が多すぎて、改革なんて絶対無理だよ」と内部から不満が漏れている。

 日本プロゴルフ協会からトーナメント部門だけ切り離して1999年に発足したJGTOだが、試合数はピーク時の年間46試合から25試合(国内開催)に激減しており、ここ3週間は大会が行われない“虫食い状態”だ。

 青木のネームバリューをもってしても新たなスポンサーは一向に見つかっていない。

 そもそもJGTOはツアーを主管する団体であり、これこそが何の権限もない組織であることをよく物語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  5. 5

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  6. 6

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  7. 7

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る