“主管”JGTOは指をくわえてツアー競技を見ているだけ

公開日:  更新日:

コラム【宮崎紘一「日本のゴルフを斬る」】

 日本ツアー51勝、ハワイアンオープンや世界マッチプレーなど海外4勝の青木功を新会長に担ぎ上げて今年から新たにスタートした日本ゴルフツアー機構(JGTO)が、手詰まり状態だ。

「いくら頭をすげ替えても、あれやこれや規制が多すぎて、改革なんて絶対無理だよ」と内部から不満が漏れている。

 日本プロゴルフ協会からトーナメント部門だけ切り離して1999年に発足したJGTOだが、試合数はピーク時の年間46試合から25試合(国内開催)に激減しており、ここ3週間は大会が行われない“虫食い状態”だ。

 青木のネームバリューをもってしても新たなスポンサーは一向に見つかっていない。

 そもそもJGTOはツアーを主管する団体であり、これこそが何の権限もない組織であることをよく物語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る