• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“主管”JGTOは指をくわえてツアー競技を見ているだけ

コラム【宮崎紘一「日本のゴルフを斬る」】

 日本ツアー51勝、ハワイアンオープンや世界マッチプレーなど海外4勝の青木功を新会長に担ぎ上げて今年から新たにスタートした日本ゴルフツアー機構(JGTO)が、手詰まり状態だ。

「いくら頭をすげ替えても、あれやこれや規制が多すぎて、改革なんて絶対無理だよ」と内部から不満が漏れている。

 日本プロゴルフ協会からトーナメント部門だけ切り離して1999年に発足したJGTOだが、試合数はピーク時の年間46試合から25試合(国内開催)に激減しており、ここ3週間は大会が行われない“虫食い状態”だ。

 青木のネームバリューをもってしても新たなスポンサーは一向に見つかっていない。

 そもそもJGTOはツアーを主管する団体であり、これこそが何の権限もない組織であることをよく物語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る