• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首位タイ発進も首痛強調 小平智“弱音発言”は言い訳作りか

【ミズノオープン】

 約1カ月ぶりにツアーに復帰した小平智(26)が、5アンダーで首位タイに立った。

 今月上旬、持病の首痛が悪化し、先週の試合はスタート直前に欠場。3日前の全米オープンの予選会も、試合途中で大事をとって棄権した。

 ホールアウト後の会見では、「(首が)怖いです。クラブを思い切り振れない。まずは体を治すことが第一」(小平)と話した。

 今大会は全英オープンの予選会を兼ねているが、小平は昨年の日本オープン優勝で、すでに出場資格を持っており、無理する必要はない。それでも体調の悪さを自ら強調するのはプロとしていかがなものか。

 メンタルゴルフコーチの角田陽一氏がこう言う。

「プロというのはお客さんにプレーを見せるために試合に出場するわけですから、万全の状態でないなら出場を控えるべきですし、出場するのなら『痛い』『かゆい』は口にしない方がいい。昔のプロは絶対に泣き言や弱音は吐かなかった。弱音を吐くことが恥ずかしいことだと思っていない。プロとしての自覚がない。要は子供なんですよ。それを周囲がまた甘やかすから、どんどん図に乗っちゃう。そういう若手ばかりだから、体力的も精神的にもタフな外国人選手に歯が立たないのです」

 小平が初日首位に立ち、明日以降スコアを落としたときの“保険”として首痛をベラベラ話したとしたら、なんとも情けない話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る