首位タイ発進も首痛強調 小平智“弱音発言”は言い訳作りか

公開日: 更新日:

【ミズノオープン】

 約1カ月ぶりにツアーに復帰した小平智(26)が、5アンダーで首位タイに立った。

 今月上旬、持病の首痛が悪化し、先週の試合はスタート直前に欠場。3日前の全米オープンの予選会も、試合途中で大事をとって棄権した。

 ホールアウト後の会見では、「(首が)怖いです。クラブを思い切り振れない。まずは体を治すことが第一」(小平)と話した。

 今大会は全英オープンの予選会を兼ねているが、小平は昨年の日本オープン優勝で、すでに出場資格を持っており、無理する必要はない。それでも体調の悪さを自ら強調するのはプロとしていかがなものか。

 メンタルゴルフコーチの角田陽一氏がこう言う。

「プロというのはお客さんにプレーを見せるために試合に出場するわけですから、万全の状態でないなら出場を控えるべきですし、出場するのなら『痛い』『かゆい』は口にしない方がいい。昔のプロは絶対に泣き言や弱音は吐かなかった。弱音を吐くことが恥ずかしいことだと思っていない。プロとしての自覚がない。要は子供なんですよ。それを周囲がまた甘やかすから、どんどん図に乗っちゃう。そういう若手ばかりだから、体力的も精神的にもタフな外国人選手に歯が立たないのです」

 小平が初日首位に立ち、明日以降スコアを落としたときの“保険”として首痛をベラベラ話したとしたら、なんとも情けない話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る