首位タイ発進も首痛強調 小平智“弱音発言”は言い訳作りか

公開日:  更新日:

【ミズノオープン】

 約1カ月ぶりにツアーに復帰した小平智(26)が、5アンダーで首位タイに立った。

 今月上旬、持病の首痛が悪化し、先週の試合はスタート直前に欠場。3日前の全米オープンの予選会も、試合途中で大事をとって棄権した。

 ホールアウト後の会見では、「(首が)怖いです。クラブを思い切り振れない。まずは体を治すことが第一」(小平)と話した。

 今大会は全英オープンの予選会を兼ねているが、小平は昨年の日本オープン優勝で、すでに出場資格を持っており、無理する必要はない。それでも体調の悪さを自ら強調するのはプロとしていかがなものか。

 メンタルゴルフコーチの角田陽一氏がこう言う。

「プロというのはお客さんにプレーを見せるために試合に出場するわけですから、万全の状態でないなら出場を控えるべきですし、出場するのなら『痛い』『かゆい』は口にしない方がいい。昔のプロは絶対に泣き言や弱音は吐かなかった。弱音を吐くことが恥ずかしいことだと思っていない。プロとしての自覚がない。要は子供なんですよ。それを周囲がまた甘やかすから、どんどん図に乗っちゃう。そういう若手ばかりだから、体力的も精神的にもタフな外国人選手に歯が立たないのです」

 小平が初日首位に立ち、明日以降スコアを落としたときの“保険”として首痛をベラベラ話したとしたら、なんとも情けない話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る