日本初参戦で即V 韓国人プロに席巻許す男子ツアーの惨状

公開日: 更新日:

【関西オープン】

「優勝を目指そうという気持ちはありませんでした」

 5打差を逆転して日本ツアー初出場初優勝を遂げた趙炳旻(26)だ。

 最終日は3バーディー、2ボギーとスコアを1つ伸ばしただけだが、最終組で一緒に回った10アンダー首位発進のS・ストレンジ(39)が76、7アンダー2位発進の朴ジュンウォン(29)が77と崩れて勝利が転がり込んだ。

 だから、「まだ実感がない。信じられない気持ちです」と本人が一番ビックリした。もっとも本心は「日本ツアーって、こんなに簡単に勝てちゃうの?」と、驚いたハズだ。

 趙は2009年にプロ転向し、韓国ツアーでは3年間シードを持っていた。一昨年にシード落ち、昨年は韓国下部ツアーで2勝して今年の韓国ツアー出場権を手にしている。そして母国では日本ツアー賞金王2度の金庚泰(29)の近所に住み、「(金は)仲のいい先輩です。韓国より大きな舞台の日本ツアーで活躍をしていて、自分もプレーしたいと思った」と昨年日本ツアーQTを受験。最終QT25位資格で日本ツアーに参戦。出場順位が下りて、初めてレギュラー大会に出場しての勝利だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る