日本初参戦で即V 韓国人プロに席巻許す男子ツアーの惨状

公開日: 更新日:

【関西オープン】

「優勝を目指そうという気持ちはありませんでした」

 5打差を逆転して日本ツアー初出場初優勝を遂げた趙炳旻(26)だ。

 最終日は3バーディー、2ボギーとスコアを1つ伸ばしただけだが、最終組で一緒に回った10アンダー首位発進のS・ストレンジ(39)が76、7アンダー2位発進の朴ジュンウォン(29)が77と崩れて勝利が転がり込んだ。

 だから、「まだ実感がない。信じられない気持ちです」と本人が一番ビックリした。もっとも本心は「日本ツアーって、こんなに簡単に勝てちゃうの?」と、驚いたハズだ。

 趙は2009年にプロ転向し、韓国ツアーでは3年間シードを持っていた。一昨年にシード落ち、昨年は韓国下部ツアーで2勝して今年の韓国ツアー出場権を手にしている。そして母国では日本ツアー賞金王2度の金庚泰(29)の近所に住み、「(金は)仲のいい先輩です。韓国より大きな舞台の日本ツアーで活躍をしていて、自分もプレーしたいと思った」と昨年日本ツアーQTを受験。最終QT25位資格で日本ツアーに参戦。出場順位が下りて、初めてレギュラー大会に出場しての勝利だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る