日本初参戦で即V 韓国人プロに席巻許す男子ツアーの惨状

公開日:  更新日:

【関西オープン】

「優勝を目指そうという気持ちはありませんでした」

 5打差を逆転して日本ツアー初出場初優勝を遂げた趙炳旻(26)だ。

 最終日は3バーディー、2ボギーとスコアを1つ伸ばしただけだが、最終組で一緒に回った10アンダー首位発進のS・ストレンジ(39)が76、7アンダー2位発進の朴ジュンウォン(29)が77と崩れて勝利が転がり込んだ。

 だから、「まだ実感がない。信じられない気持ちです」と本人が一番ビックリした。もっとも本心は「日本ツアーって、こんなに簡単に勝てちゃうの?」と、驚いたハズだ。

 趙は2009年にプロ転向し、韓国ツアーでは3年間シードを持っていた。一昨年にシード落ち、昨年は韓国下部ツアーで2勝して今年の韓国ツアー出場権を手にしている。そして母国では日本ツアー賞金王2度の金庚泰(29)の近所に住み、「(金は)仲のいい先輩です。韓国より大きな舞台の日本ツアーで活躍をしていて、自分もプレーしたいと思った」と昨年日本ツアーQTを受験。最終QT25位資格で日本ツアーに参戦。出場順位が下りて、初めてレギュラー大会に出場しての勝利だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る