• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本初参戦で即V 韓国人プロに席巻許す男子ツアーの惨状

【関西オープン】

「優勝を目指そうという気持ちはありませんでした」

 5打差を逆転して日本ツアー初出場初優勝を遂げた趙炳旻(26)だ。

 最終日は3バーディー、2ボギーとスコアを1つ伸ばしただけだが、最終組で一緒に回った10アンダー首位発進のS・ストレンジ(39)が76、7アンダー2位発進の朴ジュンウォン(29)が77と崩れて勝利が転がり込んだ。

 だから、「まだ実感がない。信じられない気持ちです」と本人が一番ビックリした。もっとも本心は「日本ツアーって、こんなに簡単に勝てちゃうの?」と、驚いたハズだ。

 趙は2009年にプロ転向し、韓国ツアーでは3年間シードを持っていた。一昨年にシード落ち、昨年は韓国下部ツアーで2勝して今年の韓国ツアー出場権を手にしている。そして母国では日本ツアー賞金王2度の金庚泰(29)の近所に住み、「(金は)仲のいい先輩です。韓国より大きな舞台の日本ツアーで活躍をしていて、自分もプレーしたいと思った」と昨年日本ツアーQTを受験。最終QT25位資格で日本ツアーに参戦。出場順位が下りて、初めてレギュラー大会に出場しての勝利だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る