連夜のバカ当たり 巨人・坂本の打撃好調に「2つの要因」

公開日:  更新日:

 巨人の坂本勇人(27)が好調だ。

 13日のヤクルト戦で逆転サヨナラ打を放ち、15日の試合も2安打。初回にフェンス直撃打を放つと3点目の決勝ホームを踏んだ。3打数2安打で打率.364。もっか首位打者で9本塁打もチームトップである。

 ここ3年はパッとしなかった。13年の打率は.265、14年は.279、昨季は・269。今季の好調には2つの要因があるとみられる。

 まずは「バット」である。メーカー関係者がこう言った。

「重心は先端にある物ではないから、完全な長距離用ではありません。グリップが細くなっていて遠心力が利くタイプ。坂本特有の中・長距離の絶妙なバランスといえます。でも、形状は昨年と一緒。今年は全く変えていません」

 チーム関係者によれば、「これまでの坂本は、バットもグラブも毎年のように変更点があって試行錯誤が続いていた。特にこだわりが強いグラブは細かい要望が多く、しょっちゅう形が変化していた。バットはやっと自分の形が決まったんでしょう」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る