• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連夜のバカ当たり 巨人・坂本の打撃好調に「2つの要因」

 巨人の坂本勇人(27)が好調だ。

 13日のヤクルト戦で逆転サヨナラ打を放ち、15日の試合も2安打。初回にフェンス直撃打を放つと3点目の決勝ホームを踏んだ。3打数2安打で打率.364。もっか首位打者で9本塁打もチームトップである。

 ここ3年はパッとしなかった。13年の打率は.265、14年は.279、昨季は・269。今季の好調には2つの要因があるとみられる。

 まずは「バット」である。メーカー関係者がこう言った。

「重心は先端にある物ではないから、完全な長距離用ではありません。グリップが細くなっていて遠心力が利くタイプ。坂本特有の中・長距離の絶妙なバランスといえます。でも、形状は昨年と一緒。今年は全く変えていません」

 チーム関係者によれば、「これまでの坂本は、バットもグラブも毎年のように変更点があって試行錯誤が続いていた。特にこだわりが強いグラブは細かい要望が多く、しょっちゅう形が変化していた。バットはやっと自分の形が決まったんでしょう」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  3. 3

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  4. 4

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

もっと見る