• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連夜のバカ当たり 巨人・坂本の打撃好調に「2つの要因」

 巨人の坂本勇人(27)が好調だ。

 13日のヤクルト戦で逆転サヨナラ打を放ち、15日の試合も2安打。初回にフェンス直撃打を放つと3点目の決勝ホームを踏んだ。3打数2安打で打率.364。もっか首位打者で9本塁打もチームトップである。

 ここ3年はパッとしなかった。13年の打率は.265、14年は.279、昨季は・269。今季の好調には2つの要因があるとみられる。

 まずは「バット」である。メーカー関係者がこう言った。

「重心は先端にある物ではないから、完全な長距離用ではありません。グリップが細くなっていて遠心力が利くタイプ。坂本特有の中・長距離の絶妙なバランスといえます。でも、形状は昨年と一緒。今年は全く変えていません」

 チーム関係者によれば、「これまでの坂本は、バットもグラブも毎年のように変更点があって試行錯誤が続いていた。特にこだわりが強いグラブは細かい要望が多く、しょっちゅう形が変化していた。バットはやっと自分の形が決まったんでしょう」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る