連夜のバカ当たり 巨人・坂本の打撃好調に「2つの要因」

公開日:  更新日:

 巨人の坂本勇人(27)が好調だ。

 13日のヤクルト戦で逆転サヨナラ打を放ち、15日の試合も2安打。初回にフェンス直撃打を放つと3点目の決勝ホームを踏んだ。3打数2安打で打率.364。もっか首位打者で9本塁打もチームトップである。

 ここ3年はパッとしなかった。13年の打率は.265、14年は.279、昨季は・269。今季の好調には2つの要因があるとみられる。

 まずは「バット」である。メーカー関係者がこう言った。

「重心は先端にある物ではないから、完全な長距離用ではありません。グリップが細くなっていて遠心力が利くタイプ。坂本特有の中・長距離の絶妙なバランスといえます。でも、形状は昨年と一緒。今年は全く変えていません」

 チーム関係者によれば、「これまでの坂本は、バットもグラブも毎年のように変更点があって試行錯誤が続いていた。特にこだわりが強いグラブは細かい要望が多く、しょっちゅう形が変化していた。バットはやっと自分の形が決まったんでしょう」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る