視聴者と選手度外視 女子ゴルフ中継は“手抜き”ご都合主義

公開日:  更新日:

【リゾートトラストレディス】

 最終日は強風の影響で大会中止。2日目が終わって単独首位だった表純子(42)の優勝が決まった。

 最終組が前半9ホールを終えた直後の午後0時58分に試合が中断。表は6番パー3で「7」を叩くなど前半でスコアを9つ落として折り返した。その時点でイーブンパー暫定31位タイ。トップに立っていた佐伯三貴とイ・ボミの7アンダーに7打も離されていた。

 それでも中止が決まってツアー通算5勝目が転がり込み、「複雑な思いで素直に喜べないんですけど、うれしいです」(表)とさすがにバツが悪そうだった。

 もっとも打つ手はあったはずだ。主催者も日本女子プロゴルフ協会も中継テレビ局も、最終日の天気が崩れるのはわかっていたことだ。3日間54ホール消化は無理だとしても、朝7時25分から全員アウトのワンウエー方式にしたら、少なくとも45ホールは消化できた。悪天候の中、多くのギャラリーが会場に足を運んでくれたのだから、スタート時間を調整すれば9ホールだけでも優勝争いを楽しむことはできたのだ。ゴルフ雑誌へと挿画なども多い画家の山野辺進氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る