• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

視聴者と選手度外視 女子ゴルフ中継は“手抜き”ご都合主義

【リゾートトラストレディス】

 最終日は強風の影響で大会中止。2日目が終わって単独首位だった表純子(42)の優勝が決まった。

 最終組が前半9ホールを終えた直後の午後0時58分に試合が中断。表は6番パー3で「7」を叩くなど前半でスコアを9つ落として折り返した。その時点でイーブンパー暫定31位タイ。トップに立っていた佐伯三貴とイ・ボミの7アンダーに7打も離されていた。

 それでも中止が決まってツアー通算5勝目が転がり込み、「複雑な思いで素直に喜べないんですけど、うれしいです」(表)とさすがにバツが悪そうだった。

 もっとも打つ手はあったはずだ。主催者も日本女子プロゴルフ協会も中継テレビ局も、最終日の天気が崩れるのはわかっていたことだ。3日間54ホール消化は無理だとしても、朝7時25分から全員アウトのワンウエー方式にしたら、少なくとも45ホールは消化できた。悪天候の中、多くのギャラリーが会場に足を運んでくれたのだから、スタート時間を調整すれば9ホールだけでも優勝争いを楽しむことはできたのだ。ゴルフ雑誌へと挿画なども多い画家の山野辺進氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る