好調レッドソックス “連続試合安打”コンビがチーム牽引

公開日: 更新日:

 上原、田沢のレッドソックスが好調だ。ここまで51試合で31勝20敗の勝率6割8厘。2位オリオールズに2ゲーム差をつけ、ア・リーグ東地区首位に立っている。

 2年連続最下位からの脱出を目指すレッドソックスを牽引しているのが好調な打線だ。今季は若手野手のバットから快音が響き、30日(日本時間31日)のオリオールズ戦ではボガーツ遊撃手(23)が三回に適時二塁打を放って、連続試合安打を23に伸ばした。

 レッドソックスではジャッキー・ブラッドリー・ジュニア外野手(26)が4月から5月にかけて今季メジャー最長となる29試合連続安打を記録したばかりだ。

 両選手とも打撃には定評があるものの、同一チームで連続試合安打が出るのは珍しい。

 レッドソックスの3年ぶりのポストシーズン進出は若手野手のデキにもかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  8. 8

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る