ド軍「バレンズエラ2世」ウリアスのデビューに前田の存在

公開日: 更新日:

 米球界を代表する若手投手が、ついにベールを脱いだ。

 前田健太(28)が所属するドジャース期待の左腕フリオ・ウリアス(19)が27日のメッツ戦(ニューヨーク)でメジャー初登板。一回に4長短打と四球も絡んで3失点。2回途中で降板した。

 19歳288日での大リーグ初先発は05年のマリナーズ・ヘルナンデスの19歳118日に次いで史上2番目の若さだ。

 メキシコ出身のウリアスは最速97マイル(156キロ)とカーブ、チェンジアップを武器とする本格派左腕。メキシコ生まれで左投げのため、80年代にドジャースのエースとして活躍した「バレンズエラ2世」といわれる。入団4年目の今季、3Aでは格の違いを見せつけ、8試合で4勝1敗、防御率1.10。計44回で41奪三振。27イニング連続無失点を継続中だった。

 ウリアスの弱冠19歳でのメジャーデビューには前田も少なからず影響を与えている。前田はキャンプ中、広島時代に助っ人選手から教わったスペイン語で積極的にナインとコミュニケーションを図っている。中南米出身の選手から親近感を持たれ、ウリアスら前田を慕う若手選手は少なくなかった。

 ウリアスは抜群の制球力で相手打線を封じる前田の投球にも触発されたのだろう。投球の幅を広げるため、前田からスライダーの握りを教わるなど貪欲だったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

  10. 10

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る