• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ド軍「バレンズエラ2世」ウリアスのデビューに前田の存在

 米球界を代表する若手投手が、ついにベールを脱いだ。

 前田健太(28)が所属するドジャース期待の左腕フリオ・ウリアス(19)が27日のメッツ戦(ニューヨーク)でメジャー初登板。一回に4長短打と四球も絡んで3失点。2回途中で降板した。

 19歳288日での大リーグ初先発は05年のマリナーズ・ヘルナンデスの19歳118日に次いで史上2番目の若さだ。

 メキシコ出身のウリアスは最速97マイル(156キロ)とカーブ、チェンジアップを武器とする本格派左腕。メキシコ生まれで左投げのため、80年代にドジャースのエースとして活躍した「バレンズエラ2世」といわれる。入団4年目の今季、3Aでは格の違いを見せつけ、8試合で4勝1敗、防御率1.10。計44回で41奪三振。27イニング連続無失点を継続中だった。

 ウリアスの弱冠19歳でのメジャーデビューには前田も少なからず影響を与えている。前田はキャンプ中、広島時代に助っ人選手から教わったスペイン語で積極的にナインとコミュニケーションを図っている。中南米出身の選手から親近感を持たれ、ウリアスら前田を慕う若手選手は少なくなかった。

 ウリアスは抜群の制球力で相手打線を封じる前田の投球にも触発されたのだろう。投球の幅を広げるため、前田からスライダーの握りを教わるなど貪欲だったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る