投手に2被弾で2敗目…ドジャース前田は開幕1カ月で“丸裸”

公開日: 更新日:

 ドジャースの前田健太(28)が11日(日本時間12日)、昨季のナ・リーグ覇者であるメッツ相手に4勝目(1敗)をかけて登板。五回0/3を6安打4失点で2敗目(3勝)を喫した。94球を投げて3奪三振、3四死球。相手先発のノア・シンダーガード投手(23)に2打席連続本塁打を浴び、自己ワーストタイの4失点。防御率も2.30となった。これで前田は、4月28日のマーリンズ戦から3戦連続の被弾だ。

 開幕から1カ月が経ち、ライバル球団はルーキー右腕の弱点や癖などを探そうと躍起で、技術や配球といった投球そのものの分析はもちろん、精神的な揺さぶりをかけようとマウンド上での振る舞いなどから性格分析に努めている。

 広島時代からテンポの良さと強気の投球で相手打者を牛耳ってきたものの、メジャーではその勝ち気な性格がアダになりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  4. 4

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  9. 9

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る