4安打2盗塁の中京学院大・吉川 スカウトの評価どう変化

公開日:  更新日:

 スポーツ紙が「ドラフト1位候補」と騒いでいる中京学院大の吉川尚輝遊撃手(4年=中京)が、また、株を上げた。

 先制の中越え適時三塁打を放った前日の全日本大学野球選手権1回戦に続き、昨7日、桐蔭横浜大との2回戦は4安打2盗塁で勝利に貢献した。

 最初の3安打はプロ注目の左腕・高橋拓巳からのもの。最後の1安打も同様にドラフト候補の右腕・斎藤友貴哉から放った。

「2年時から3季連続盗塁王になり、今春は3度目のベストナインとMVPを獲得した。東海地区で力が抜けているのは把握していたけど、全国レベルでどうかという点が疑問でした」と、ネット裏の在京球団のスカウトがこう言った。

「桐蔭横浜大の高橋はドラフト上位候補。3位以下の指名なら社会人の日本生命に行くといわれている投手です。実際に2位以内で指名されるかはともかく、その高橋から3安打して左腕も苦にしなかった。4安打目を浴びせた斎藤もドラフト候補です。伸びのある速球が武器で、4~5位で消える選手ともっぱら。2人を攻略して、吉川の評価はさらに上がりましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る