• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10秒01マークから3年…桐生祥秀100m「夢の9秒台」はいつ

 陸上男子100メートルの桐生祥秀(東洋大)が、日本学生陸上競技個人選手権(10~12日・平塚)で、11日に行われる100メートルに出場する。

 24日に開幕する、リオ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権(名古屋)に向けての状態の確認という位置づけのようだが、高校3年で国内競技会では日本人最高の10秒01(日本人歴代2位)をマークしてから、はや3年。夢の9秒台はまだ出ていない。

「夢」とは言っても、桐生が100メートルを9秒台で走ってもアジア初ではない。昨年5月、中国の蘇炳添(26)が9秒99を記録。アジア出身の選手では初めて10秒の壁を突破した。さらに8月にも、世界陸上の100メートル準決勝で自身2度目の9秒台となる9秒99を出している。桐生が9秒台を出せば日本人初とはいえ、それで五輪のメダルが約束されるわけではないし、どれだけの価値があるのだろうか。

 陸上選手にとって記録は重要でも、「10秒の壁」を破っても「世界の壁」は厚い。世界最速のウサイン・ボルトの自己記録は09年世界陸上で出した9秒58(世界記録)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

もっと見る