女子ハードルのオニアか? スペイン人選手に薬物陽性反応

公開日:  更新日:

 北京五輪でドーピング違反した選手が、また1人明らかになった。

 スペイン・オリンピック委員会(SOC)は25日(日本時間26日)、国際オリンピック委員会からドーピング再検査で同国の選手から陽性反応が出たとの通知を受けたと発表。SOCでは氏名を公表していないが、複数のスペインメディアによれば、女子100メートルハードルに出場したジョセフィーヌ・オニア(29)と報じている。

 ナイジェリア出身のオニアは07年にスペイン国籍を取得し、翌年の五輪の100メートルハードル代表に選ばれた。五輪では準決勝5位に終わり、決勝進出はならなかった。

 アフリカ出身の陸上選手は五輪でメダルを獲得すれば、国籍を変更した政府から多額の報奨金を与えられるだけに、禁止薬物に手を染めるケースは少なくないといわれる。

 IOCでは北京に加えて12年ロンドン五輪のドーピング検査で採取した250件の検体の再検査を行っている。検査の結果は6月にも判明するとみられる。

 国籍を変更してロンドン五輪に出場した選手は多数存在するだけに、ドーピング違反者は増えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る