女子ハードルのオニアか? スペイン人選手に薬物陽性反応

公開日: 更新日:

 北京五輪でドーピング違反した選手が、また1人明らかになった。

 スペイン・オリンピック委員会(SOC)は25日(日本時間26日)、国際オリンピック委員会からドーピング再検査で同国の選手から陽性反応が出たとの通知を受けたと発表。SOCでは氏名を公表していないが、複数のスペインメディアによれば、女子100メートルハードルに出場したジョセフィーヌ・オニア(29)と報じている。

 ナイジェリア出身のオニアは07年にスペイン国籍を取得し、翌年の五輪の100メートルハードル代表に選ばれた。五輪では準決勝5位に終わり、決勝進出はならなかった。

 アフリカ出身の陸上選手は五輪でメダルを獲得すれば、国籍を変更した政府から多額の報奨金を与えられるだけに、禁止薬物に手を染めるケースは少なくないといわれる。

 IOCでは北京に加えて12年ロンドン五輪のドーピング検査で採取した250件の検体の再検査を行っている。検査の結果は6月にも判明するとみられる。

 国籍を変更してロンドン五輪に出場した選手は多数存在するだけに、ドーピング違反者は増えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る