風で歩数乱れ平凡タイム 桐生祥秀100m9秒台に“一歩”の壁

公開日:  更新日:

「今日は日本新が出る自信はあった。記録が出てもおかしくはなかった」

 東洋大の土江短距離コーチは悔しさを隠さなかった。100メートルで日本人初の9秒台を狙う桐生祥秀(20)についてである。

 20日の関東学生陸上選手権男子100メートル決勝では格の違いを見せつけて優勝しながら、タイムは10秒35と平凡。今大会は選考対象レースではないものの、日本陸連が定めたリオ五輪の参加標準記録(10秒16)にさえ届かなかった。

 レース後の桐生は「自己ベストが出せなかったのは残念。途中から突風が吹いてきつかった」としながらも「日本選手権では1番になって五輪では日の丸を背負って決勝の舞台で勝負したい」と前向きに話した。

 13年の織田記念陸上で日本歴代2位となる10秒01をマーク。日本人初の9秒台を期待されてから3年。昨季は故障もあって走ることさえできない時期もあったが、五輪イヤーの今季はいよいよ10秒を切る可能性が出てきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る