日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

ロッテ・涌井と電話で話をしたら…

 教え子のロッテ・涌井の状態がいい。

 昨季は15勝で、西武時代の2009年以来3度目の最多勝を、大谷(日本ハム)と並んで獲得した。今季も開幕から4月末までに5勝を挙げた。その後は1カ月間以上勝利から遠ざかっているものの、2試合続けて完投するなど内容は悪くない。現在5勝3敗で、リーグ4位の防御率2.59。西武からロッテにFA移籍して3年目、好調の要因は何か。久しぶりに、涌井に電話してみた。

 FA1年目の14年シーズンまでは、右肩と右肘の慢性的な痛みと闘いながら投球していたという。一時は手術もささやかれたが、回避して治療を続けていた。これが14年オフで一段落し、不安が消えたことが一番だと話していた。

 痛みをかばうため、近年は肘が下がってシュート回転した球を痛打されていた。投球時の左肩の開きも、良かった時と比べて0.2秒から0.3秒ほど早く、胸のマークが相手打者に早く見えてしまう。ボールの出どころが見やすくなっていた。痛みがなくなったことでこれが改善され、コントロールが良くなった。怖さも消えたことで、下がっていた肘が上がり、腕を真上から振り下ろせるようになった。低迷期は140キロ前後だった直球が、140キロ台半ばから150キロが出るようになった。スッポ抜けていたフォークボールもよく落ちている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事