小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

夏は絶対甲子園に…横浜高校に2年ぶり“指導復帰”の理由

公開日: 更新日:

 私の古巣・横浜高が今週行われた春季関東大会で準優勝に終わった。投手はドラフト上位候補右腕・藤平と、この春エースナンバーを背負った左腕・石川の2枚看板。打線もまずまず強力でチーム力は高い。準優勝で良かったとも思う。春、関東王者になると、夏へ向けて油断が生じる。高校生にはこれが厄介なのだ。

 平田監督と金子部長に依頼され、久しぶりに横浜の練習を見ることになった。金子部長によれば、内野の連係面などで気になる点があるという。現チームは神奈川を秋、春と連覇している。チームを引き締めたい思惑もあるのだろう。

 横浜は4季、甲子園から遠ざかっている。私が在籍していた頃は、2季逃しても3季目にはだいたい出場していた感覚がある。神奈川は日本一の激戦区とはいえ、5季以上空白の期間があってはならない。有望な中学生から敬遠されてしまうからだ。藤平らをスカウトした“敏腕”金子部長は相当な危機感を感じているようだ。中学生と直接接する立場。肌で感じることがあるのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

もっと見る