• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

口で注意も“暴力” 高校野球指導者が直面する「受難時代」

 智弁学園(奈良)が初優勝を飾って幕を閉じたセンバツ。NHKの高校野球解説者を務めていた鍛治舎監督率いる秀岳館(熊本)が4強に進んで話題になった。就任2年目の好成績には敬意を表したいが、大阪の子を中心にベンチ入り全員が他県の選手という徹底ぶりである。

 私が横浜高で指導している頃は「学校名が『横浜』だから、地元選手が6、7割。県外出身者は3、4割まで」という渡辺前監督の方針があり、厳守していた。

「県を代表して出場する甲子園に他県の出身者ばかりで出ても学校の宣伝にはならない」という学校側の考えだ。鍛治舎監督だってそんなことは百も承知だろう。私立校の経営はそれぞれ。思い切ったチームづくりに驚かされた。

 優勝した智弁学園は3、4番の中軸打者がしっかりしていた。それ以上に目についたのが捕手の好リード。大会序盤は外角中心だったものを強気に内角を使うようになり、エースが生き返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る