• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

口で注意も“暴力” 高校野球指導者が直面する「受難時代」

 智弁学園(奈良)が初優勝を飾って幕を閉じたセンバツ。NHKの高校野球解説者を務めていた鍛治舎監督率いる秀岳館(熊本)が4強に進んで話題になった。就任2年目の好成績には敬意を表したいが、大阪の子を中心にベンチ入り全員が他県の選手という徹底ぶりである。

 私が横浜高で指導している頃は「学校名が『横浜』だから、地元選手が6、7割。県外出身者は3、4割まで」という渡辺前監督の方針があり、厳守していた。

「県を代表して出場する甲子園に他県の出身者ばかりで出ても学校の宣伝にはならない」という学校側の考えだ。鍛治舎監督だってそんなことは百も承知だろう。私立校の経営はそれぞれ。思い切ったチームづくりに驚かされた。

 優勝した智弁学園は3、4番の中軸打者がしっかりしていた。それ以上に目についたのが捕手の好リード。大会序盤は外角中心だったものを強気に内角を使うようになり、エースが生き返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る