松山は同伴競技者に恵まれず 全米OP予選はガルシアと同組

公開日: 更新日:

 何もなければいいのだが。

 16日に開幕するゴルフの全米オープン(米ペンシルベニア州オークモントCC)の予選ラウンドの組み合わせが発表された。4年連続出場の松山英樹(24)は、昨年2位のダスティン・ジョンソン(31・米国)と、今季4年ぶりのツアー優勝を果たしたセルヒオ・ガルシア(36・スペイン)と同組になった。初日は午後1時36分(日本時間17日午前2時36分)に1番スタート。2日目は午前7時51分(17日午後8時51分)に10番からスタートする。

 ジョンソンはツアー屈指の飛ばし屋として知られ、昨年の本大会は最終18番、601ヤードのパー5で2オンに成功。4メートルのイーグルパットを外して結局3パットでスピースに負けた。ジョンソンは淡々とプレーする選手だが、もう一人のガルシアはプレーが遅く、自分のミスショットに激しい怒りを見せることも珍しくない。トッププロでも同伴者のプレーリズムが合わずにスコアに影響するケースはよくある。

 ガルシア同様、松山もプレーは早い方ではない。ツアーで最も厳しいセッティングであり、だれもがタイトルを手にしたい大会だけに、トラブルなく予選ラウンドを終えて欲しいものだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る