日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

塚田Vで6年連続 「ツアー選手権」から初優勝者が出る理由

【日本ゴルフツアー選手権森ビルカップ】

 プロ9年目の塚田陽亮(31)が最終日に7バーディー、2ボギーのベストスコア66をマークしてツアー初優勝を果たした。これで今大会は、2011年から6年連続で初優勝者が出たことになる。

 では、ベテランと呼ばれるプロたちはどうだったのか?

 ツアー11勝の谷原秀人(37)は15番パー5でイーグルを奪って首位に並んだが、続く16番パー3が3パットボギー。17番パー4はティーショットが左ラフにつかまり2打目はレイアップ。だが3打目をピンそばに寄せられず連続ボギーとして優勝争いから消えてイーブンパー3位。

 後半に入ってもV圏内につけていたツアー19勝の谷口徹(48)は17番でドライバーを右に曲げてOBとしてトリプルボギー。通算4オーバー10位だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事