青柳が大誤算で借金2…阪神の今後を占う“不吉なデータ”

公開日:  更新日:

 阪神は2度目の先発となったドラフト5位の青柳(帝京大)が、4回3分の2を被安打6の4四死球、6失点と大誤算。今季2度目の3連敗で借金は今季最多の2となった。

 これで交流戦は3勝5敗(10位)。残る10試合で勝ち負けの数字がどう変わるかわからないが、交流戦の成績から見えてくるものがある。

 阪神の過去の成績を見ると、14年の交流戦(9勝15敗=11位)のように大きく負け越してもリーグ2位というシーズンもあるが、これは例外だ。試合数は違っても、交流戦で勝ち越した年にはBクラスで終わった年はない。しかも、リーグ優勝した05年(21勝13敗2分け=3位)や、巨人に最大13ゲーム差をつけて「今年こそ優勝間違いなし」と言われながら大逆転負けした08年も交流戦の成績(15勝9敗=1位)は良かった。つまり、交流戦で大きく勝ち越せばセの優勝争いに絡める可能性が高いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る