日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青柳が大誤算で借金2…阪神の今後を占う“不吉なデータ”

 阪神は2度目の先発となったドラフト5位の青柳(帝京大)が、4回3分の2を被安打6の4四死球、6失点と大誤算。今季2度目の3連敗で借金は今季最多の2となった。

 これで交流戦は3勝5敗(10位)。残る10試合で勝ち負けの数字がどう変わるかわからないが、交流戦の成績から見えてくるものがある。

 阪神の過去の成績を見ると、14年の交流戦(9勝15敗=11位)のように大きく負け越してもリーグ2位というシーズンもあるが、これは例外だ。試合数は違っても、交流戦で勝ち越した年にはBクラスで終わった年はない。しかも、リーグ優勝した05年(21勝13敗2分け=3位)や、巨人に最大13ゲーム差をつけて「今年こそ優勝間違いなし」と言われながら大逆転負けした08年も交流戦の成績(15勝9敗=1位)は良かった。つまり、交流戦で大きく勝ち越せばセの優勝争いに絡める可能性が高いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事