日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「鳥谷を二塁へ」 虎OB福間納氏が“超変革”コンバート提言

 コテンパンにやられた。

 阪神は19日のソフトバンク戦に大敗し、これで交流戦は6勝11敗の借金5となった。

 最大の要因は貧打だ。42得点、2本塁打は12球団ワースト。超変革をスローガンに掲げる阪神は、成長途上の若手を積極起用しているとはいえ、鳥谷、ゴメスら主力もさっぱりだ。

 それだけに阪神の周辺では、「0-1で負けた18日はメッセンジャーが8回1失点で負け投手になったように、今年は投手が踏ん張っても報われない試合が多い。これでは投手も商売上がったり。すでにモチベーションに影響が及んでいる」との声が聞こえ始めている。

 ここまで打てないのなら、首脳陣には発想転換が必要ではないか。

「貧打解消ではなく、より守りを固めるのです」とは、評論家の福間納氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事