合宿にファン5500人 稀勢の里「横綱昇進」へ好調維持

公開日: 更新日:

「横綱候補」と言われ続けて幾星霜。7月場所こそ昇進できるといいのだが……。19日に打ち上げとなった大相撲の田子ノ浦部屋の合宿。香川県観音寺市で3日間にわたって行われ、所属力士たちが汗を流した。中でも注目は大関の稀勢の里(29)。最終日のこの日は高安を圧倒。集まったファンを喜ばせた。

 この3日間で詰め寄せた見物客は、約5500人。それだけファンは日本人横綱を待ち望んでいる。ここ2場所連続で13勝2敗と高いレベルで安定していることもあり、横綱審議委員会も「来場所は14勝以上の優勝なら……」と、もはや2場所連続優勝にこだわっていない状況だ。

 もっとも、「稀勢の里は注目が集まった時ほどもろい」というのは好角家の間では常識。メディアもファンも、過度な期待は禁物だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る