強行出場でも10連敗…照ノ富士を苦しめる師匠の“鬼指導”

公開日: 更新日:

 こんな相撲では観客にも失礼だ。

 12日目、稀勢の里の攻めにあっさり土俵を割って10連敗の大関照ノ富士(24)。プロテクターさながらに両ヒザをテーピングでガチガチに固めており、まともに相撲を取れないのは一目瞭然。本人も負けるたびに「もうしんどいよ」と弱音を吐いている。

 角界関係者から「休場すべき」という声が上がっているのはもっともで、現在2勝10敗。とっくに負け越しは決まっている。どうあがいても来場所のカド番は避けられないのならば、無理せずに体を休めた方がいいに決まっている。

 照ノ富士は「休んでも一緒だから」と休場に否定的だが、ある親方は「師匠の伊勢ケ浜親方(55=元横綱旭富士)は何をやっているのか」と、こう話す。

「ヒザのケガは力士生命にも関わるもの。何より、お客さんはブザマな相撲を見るために安くないチケットを買っているわけではない。弟子が何と言おうと、親方が無理やりにでも休ませるべきです。伊勢ケ浜親方は厳しい指導で鳴らしており、『立って歩けるうちはケガに入らない』が持論です。だが、弟子やお客さんがしわ寄せを食うようでは話にならない。伊勢ケ浜親方は何か勘違いしているのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る