強行出場でも10連敗…照ノ富士を苦しめる師匠の“鬼指導”

公開日:  更新日:

 こんな相撲では観客にも失礼だ。

 12日目、稀勢の里の攻めにあっさり土俵を割って10連敗の大関照ノ富士(24)。プロテクターさながらに両ヒザをテーピングでガチガチに固めており、まともに相撲を取れないのは一目瞭然。本人も負けるたびに「もうしんどいよ」と弱音を吐いている。

 角界関係者から「休場すべき」という声が上がっているのはもっともで、現在2勝10敗。とっくに負け越しは決まっている。どうあがいても来場所のカド番は避けられないのならば、無理せずに体を休めた方がいいに決まっている。

 照ノ富士は「休んでも一緒だから」と休場に否定的だが、ある親方は「師匠の伊勢ケ浜親方(55=元横綱旭富士)は何をやっているのか」と、こう話す。

「ヒザのケガは力士生命にも関わるもの。何より、お客さんはブザマな相撲を見るために安くないチケットを買っているわけではない。弟子が何と言おうと、親方が無理やりにでも休ませるべきです。伊勢ケ浜親方は厳しい指導で鳴らしており、『立って歩けるうちはケガに入らない』が持論です。だが、弟子やお客さんがしわ寄せを食うようでは話にならない。伊勢ケ浜親方は何か勘違いしているのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る