評論家2人が指摘 巨人菅野シーズン防御率「0点台」の敵

公開日:  更新日:

「ひょっとしたら、ひょっとする。そんな期待を抱かせる投球を見せているのは確かですね」

 評論家の高橋善正氏がこう言った。

 開幕から圧巻のピッチングを続ける巨人の菅野智之(26)。ここまで13試合に先発し、防御率は12球団で唯一の0点台となる0.88をキープしている。2リーグ制後のプロ野球で防御率0点台のままシーズンを終えたのは、1970年の村山実(阪神=0.98)ただ一人。菅野が達成すれば、実に46年ぶりの快挙となる。400勝投手の金田正一氏にも、神様・仏様の稲尾和久氏にもできなかった偉業に菅野は手が届くのか。冒頭の高橋氏がこう続ける。

「今季の菅野は球威、キレ、制球力すべてにおいてスケールアップし、文句のつけようがない。ただ、9回1失点でも防御率は上がっていく。計算上はこれから8回2失点が3試合続けば防御率は1.14になってしまい、そうなると2試合連続完封をしても、1点ちょうどで0点台には戻らない。それだけ、難しいことです。稲尾さんは大投手ですが、当時と今では打者の練習環境に雲泥の差があり、打撃のレベルが上がっている。ましてや今年は、またボールが飛ぶようになった印象がありますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る