• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投球回数も12球団トップ 巨人・菅野の“孤軍奮闘”なぜ続く

 巨人が瀕死の状態だ。ソフトバンクに2年連続で3タテ食らって4連敗中。借金生活突入でセ・リーグでは4位に沈んでいる。交流戦は4カードで6勝6敗の五分だが、これは昨季と同じペース。残りは楽天、ロッテとの6連戦。楽天には1勝2敗、ロッテには3連敗が昨季の成績だ。

 昨季の交流戦は12チーム中11位に終わり、シーズンが再開しても4カード勝ち越せなかった。惨敗した交流戦ショックを引きずったからだ。こうなると頼りはエースの菅野智之(26)だけ。防御率は驚異の0.75。規定投球回に到達している投手の中で両リーグ通じて唯一の0点台である。それどころか1点台すらいない。菅野がずばぬけているのはそれだけではない。

 開幕当初は中5日でスタートしたが、高橋監督は約1カ月でこれをやめた。最近は中6日の間隔で120球前後の登板が続いている。一見、首脳陣は大事に起用しているように見えるが、投球回数を見てみると、こちらも12球団トップの96イニング(12試合)。このままのペースでフル回転すれば、単純計算で200イニングを余裕で超える221回のハイペースとなる。貧打線ゆえに援護がない試合が多く、10日のソフトバンク戦で完投負けを喫したように、勝っても負けても、完投に近いところまで投げる試合が多いのも影響している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る