投球回数も12球団トップ 巨人・菅野の“孤軍奮闘”なぜ続く

公開日: 更新日:

 巨人が瀕死の状態だ。ソフトバンクに2年連続で3タテ食らって4連敗中。借金生活突入でセ・リーグでは4位に沈んでいる。交流戦は4カードで6勝6敗の五分だが、これは昨季と同じペース。残りは楽天、ロッテとの6連戦。楽天には1勝2敗、ロッテには3連敗が昨季の成績だ。

 昨季の交流戦は12チーム中11位に終わり、シーズンが再開しても4カード勝ち越せなかった。惨敗した交流戦ショックを引きずったからだ。こうなると頼りはエースの菅野智之(26)だけ。防御率は驚異の0.75。規定投球回に到達している投手の中で両リーグ通じて唯一の0点台である。それどころか1点台すらいない。菅野がずばぬけているのはそれだけではない。

 開幕当初は中5日でスタートしたが、高橋監督は約1カ月でこれをやめた。最近は中6日の間隔で120球前後の登板が続いている。一見、首脳陣は大事に起用しているように見えるが、投球回数を見てみると、こちらも12球団トップの96イニング(12試合)。このままのペースでフル回転すれば、単純計算で200イニングを余裕で超える221回のハイペースとなる。貧打線ゆえに援護がない試合が多く、10日のソフトバンク戦で完投負けを喫したように、勝っても負けても、完投に近いところまで投げる試合が多いのも影響している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る