巨人マイコラス 一軍合流で早くも聞こえる過剰期待

公開日:  更新日:

 首位広島に6ゲーム差をつけられている巨人の逆襲のキーマンが21日、一軍の練習に初合流した。

 昨季13勝(3敗)を挙げたマイルズ・マイコラス(27)である。「戻ってこられてうれしい」と話した助っ人は、キャンプで右肩痛を発症して二軍落ち。3月上旬には米国に一時帰国し、PRP(自己多血小板血漿)療法による治療を受けていた。先発陣はエース菅野一人に負担がかかっていたため、ジリ貧状態からやっと抜け出せる、とチームは歓迎。なにせ昨オフに2年総額5億円の大型契約を結んでいる。

「これから2ケタ勝ってもらわないと」なんて言う同僚投手もいるが、仮に週1ペースでローテを守っても、登板機会は13~15試合。よほど勝ち運に恵まれない限り、2ケタは厳しい状況だ。チーム関係者が言う。

「昨年の最高勝率(.813)投手。ちゃんとやってくれさえすれば、いい投手なのは誰もが認めている。ただ、ちゃんとやってくれるかが問題。また『痛い』と言い出さないか。キャンプで離脱してから国内で行った最初の検査は『異常なし』。昨年も優勝争いが佳境に入った8月終わりに『疲労』を訴えて登録を抹消された。この大事な時に疲れで抹消? とみんなが仰天した。無理はせずに万全な状態で仕事をしたい、というのは助っ人らしい考え方ですが、高橋監督にだって多少はひっかかるものがあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る