巨人マイコラス 一軍合流で早くも聞こえる過剰期待

公開日: 更新日:

 首位広島に6ゲーム差をつけられている巨人の逆襲のキーマンが21日、一軍の練習に初合流した。

 昨季13勝(3敗)を挙げたマイルズ・マイコラス(27)である。「戻ってこられてうれしい」と話した助っ人は、キャンプで右肩痛を発症して二軍落ち。3月上旬には米国に一時帰国し、PRP(自己多血小板血漿)療法による治療を受けていた。先発陣はエース菅野一人に負担がかかっていたため、ジリ貧状態からやっと抜け出せる、とチームは歓迎。なにせ昨オフに2年総額5億円の大型契約を結んでいる。

「これから2ケタ勝ってもらわないと」なんて言う同僚投手もいるが、仮に週1ペースでローテを守っても、登板機会は13~15試合。よほど勝ち運に恵まれない限り、2ケタは厳しい状況だ。チーム関係者が言う。

「昨年の最高勝率(.813)投手。ちゃんとやってくれさえすれば、いい投手なのは誰もが認めている。ただ、ちゃんとやってくれるかが問題。また『痛い』と言い出さないか。キャンプで離脱してから国内で行った最初の検査は『異常なし』。昨年も優勝争いが佳境に入った8月終わりに『疲労』を訴えて登録を抹消された。この大事な時に疲れで抹消? とみんなが仰天した。無理はせずに万全な状態で仕事をしたい、というのは助っ人らしい考え方ですが、高橋監督にだって多少はひっかかるものがあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る