有村智恵とイ・ボミ…女子プロゴルフ“似た者同士”の明暗

公開日:  更新日:

【アース・モンダミンカップ】

 わずか4年間でここまで立場が大きく入れ替わるのも珍しい。米女子ツアーから撤退した有村智恵(28)と、いまや人気、実力ともナンバーワンになったイ・ボミ(27)の2人である。

 有村は2009年に自身最多となる年間5勝を挙げ、賞金約1億4000万円を稼ぐなど、大ブレークした。それからは「日本ツアーの顔」として女子プロ人気を牽引した。一方、10年に韓国ツアー賞金女王に輝いたイ・ボミは、翌11年から日本ツアーに参戦した。

 当時、有村は159センチ、57キロ、イ・ボミは158センチ、56キロ。背格好だけでなく、顔つきまで似ていたことから、ギャラリーのみならずカメラマンまで混乱するほどの“似た者同士”だった。

 ところが肝心のゴルフではイ・ボミは有村にかなわず、1年目は有村の3勝、賞金ランク3位に対して、未勝利、賞金ランク40位だった。翌12年になるとイ・ボミが伊藤園レディスで有村をプレーオフで下すなどツアー3勝。勝ち星は同じだったが、賞金ランク2位に躍り出てランク3位の有村を上回った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る