女子ゴルフ五輪代表 “穴馬”渡邉彩香の大まくりに現実味

公開日: 更新日:

 7月11日の代表決定まで3週間。リオ五輪女子ゴルフの代表争いから、目が離せなくなってきた。先週、米女子ツアーで9位に入った野村敏京(23)は世界ランク(WR)22位となり、ほぼ決まり。残り1つのイスをめぐって、熾烈な争いが繰り広げられているのだ。

 ともにランクを2つ落とした同43位の大山志保(39)と同44位の宮里美香(26)のポイント差はわずか0.005。さらに0.054ポイント差で渡邉彩香(22)が同45位につけている。

 では、ダレが一番有利なのか。ポイント差こそわずかだが、置かれた状況は三者三様だ。

 大山は6月上旬の試合で首を痛め、肩痛、腰痛を併発し、今週を含め5試合連続で欠場中。優勝すれば100ポイントを稼げる全米女子オープン(7月7日開幕)で一発勝負を懸ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  9. 9

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る