日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3連発7打点 巨人ギャレット来季残留へしっかりアピール

 巨人のギャレット・ジョーンズ(35)が3打席連続本塁打で7打点を叩き出した。

 26日のDeNA戦。先発モスコーソから二回にスコアボードを直撃する10号先制3ランを放つと、四回には右翼席最上段の看板にぶち当てる特大ソロ。五回にも右へ3ランを運んで3発7打点の大暴れである。

 試合前まで打率.240、9本塁打、26打点。「100打点」を期待され、開幕から5月半ばまで務めていた4番は失格の烙印を押され、二軍落ちも経験。最近は下位打線の7番に定着しつつあった。年俸3億円の単年契約。メジャー122発の元大物だけに、プライドはズタズタだろうが、意外にも高いサラリーに見合った活躍をしていないと焦りを感じているという。そんなマジメな男の“希望”は、来季も巨人に残留すること。35歳になったばかり。メジャーへ復帰したところで、上がり目がないことを知っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事