延長勝ち越しソロ弾も…日ハム中田翔まだまだ迷走中?

公開日: 更新日:

 8試合ぶりとなる主砲の一発が試合を決めた。

 15日、延長十回に勝ち越しソロを放ったのが日本ハムの4番、中田翔(27)。守護神増井が筒香の2ランで同点に追い付かれた直後の一発だけに、貴重な一打であったことは間違いない。

 しかし、中田自身がヒーローインタビューで「ここ何試合かチームの勝利に貢献できていなかったので、歯がゆかった」と話したように、調子はイマイチ。打率.263、13本塁打、54打点、得点圏打率も3割弱と決して悪い数字ではないのだが、前日14日は5タコ。「ここぞ」という場面でも凡打が多い。

 この日も2度、得点圏に走者を置きながら、内野ゴロと外野フライに倒れ、「先発の高梨が凄くいいピッチングをしてたのに、なかなか点を取れなかった。僕もチャンスを潰していた」と反省しきりだった。

 中田もこの日の一発で“迷路”から抜け出せるといいのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  5. 5

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  6. 6

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  7. 7

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    【Q】浴室で腐乱も…まわりに孤独死した人が何人もいます

  10. 10

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る