海外挑戦の若手から罰金徴収 日本女子プロ協会の時代錯誤

公開日: 更新日:

 トーナメント規定に反するとはいえ、日本を代表して海外へ行く選手に罰金はおかしいだろう。

 リオ五輪の前哨戦と位置付けられる米女子ツアー「ULインターナショナルクラウン」(7月21日~)は、8カ国32選手で行われる。

 日本代表は世界ランクから米ツアーを主戦場にする野村敏京(23)、宮里美香(26)に加え、日本ツアーから渡邉彩香(22)と鈴木愛(22)の4選手が出場する。日本ツアーを留守にするため、同日程の「センチュリー21」を欠場しなければならない。

 しかし渡邉は昨年、全英リコー女子オープンに出場したため、同大会を欠場している。女子ツアーには、シード選手が同一大会を2年連続で欠場することを禁止する規定があるため、渡邉に罰金100万円が科せられることになったのだ。

 女子プロ協会の小林浩美会長は「何とか(罰金を)回避できる方法はないかと検討したが、規定上徴収せざるを得なかった。規定変更の検討をお願いしている」と弁明したが、どう考えてもおかしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  7. 7

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  8. 8

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  9. 9

    松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性

  10. 10

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

もっと見る