海外挑戦の若手から罰金徴収 日本女子プロ協会の時代錯誤

公開日:  更新日:

 トーナメント規定に反するとはいえ、日本を代表して海外へ行く選手に罰金はおかしいだろう。

 リオ五輪の前哨戦と位置付けられる米女子ツアー「ULインターナショナルクラウン」(7月21日~)は、8カ国32選手で行われる。

 日本代表は世界ランクから米ツアーを主戦場にする野村敏京(23)、宮里美香(26)に加え、日本ツアーから渡邉彩香(22)と鈴木愛(22)の4選手が出場する。日本ツアーを留守にするため、同日程の「センチュリー21」を欠場しなければならない。

 しかし渡邉は昨年、全英リコー女子オープンに出場したため、同大会を欠場している。女子ツアーには、シード選手が同一大会を2年連続で欠場することを禁止する規定があるため、渡邉に罰金100万円が科せられることになったのだ。

 女子プロ協会の小林浩美会長は「何とか(罰金を)回避できる方法はないかと検討したが、規定上徴収せざるを得なかった。規定変更の検討をお願いしている」と弁明したが、どう考えてもおかしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る