日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界のトッププロに笑われる JGTOコース設定の致命的欠点

【ISPSハンダグローバルカップ2016】

 今週は世界ランク23位のC・シュワーツェル(南ア)や同47位のE・グリジョ(アルゼンチン)らが出場しているため、世界ランクに加算される優勝ポイントは通常大会(16ポイント)よりも高い20ポイントになった。世界で戦うトッププロだからコース設定を見る目も確かだ。シュワーツェルは「このコースは距離が短い。飛距離よりもパターが重要になってくる。パターの調子が良ければどんどんスコアが良くなっていく。優勝スコアは20アンダーぐらい」と語った。距離が短いから好スコアが出ると分析しているのだ。

 ちなみに先週の全米オープンは4日間とも距離が変わったが、最終日は7229ヤード・パー70設定で行われた。2ホールあったパー5は618ヤードと611ヤード。パー3は239ヤードもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事