世界のトッププロに笑われる JGTOコース設定の致命的欠点

公開日: 更新日:

【ISPSハンダグローバルカップ2016】

 今週は世界ランク23位のC・シュワーツェル(南ア)や同47位のE・グリジョ(アルゼンチン)らが出場しているため、世界ランクに加算される優勝ポイントは通常大会(16ポイント)よりも高い20ポイントになった。世界で戦うトッププロだからコース設定を見る目も確かだ。シュワーツェルは「このコースは距離が短い。飛距離よりもパターが重要になってくる。パターの調子が良ければどんどんスコアが良くなっていく。優勝スコアは20アンダーぐらい」と語った。距離が短いから好スコアが出ると分析しているのだ。

 ちなみに先週の全米オープンは4日間とも距離が変わったが、最終日は7229ヤード・パー70設定で行われた。2ホールあったパー5は618ヤードと611ヤード。パー3は239ヤードもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る