国内ゴルフ大会のルール軽視 全米OP“珍事”で浮き彫りに

公開日:  更新日:

 D・ジョンソンのペナルティー裁定が物議をかもした今年の全米オープンゴルフ。最終日の5番で、ジョンソンがパーパットを打つ前にボールがわずかに動いた件は、テレビを見ている視聴者からも問い合わせがあったという。この時は、ジョンソンが競技委員を呼んで状況を説明し、その場は「問題なし」との裁定を下された。ところが、録画を見た別の競技委員から12番のティーインググラウンド上で「ボールが動いた原因は不明なので終了後に確認する」と言われ「処分保留」のままプレーを続けた。優勝争いをしていながら、罰の有無が未定のままプレーを続けるのは気分が悪いし、集中力を欠く選手もいるだろう。結局ジョンソンはホールアウト後、「パターをグリーンに付けた直後にボールが動いた。それが原因とするのが妥当」とされ、1罰打を科された。

 遅すぎるペナルティーは優勝に影響がなかったことで事なきを得たが、大会を主催する全米ゴルフ協会(USGA)は20日、裁定が遅れたことをジョンソンと観客に謝罪した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る