• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国内ゴルフ大会のルール軽視 全米OP“珍事”で浮き彫りに

 D・ジョンソンのペナルティー裁定が物議をかもした今年の全米オープンゴルフ。最終日の5番で、ジョンソンがパーパットを打つ前にボールがわずかに動いた件は、テレビを見ている視聴者からも問い合わせがあったという。この時は、ジョンソンが競技委員を呼んで状況を説明し、その場は「問題なし」との裁定を下された。ところが、録画を見た別の競技委員から12番のティーインググラウンド上で「ボールが動いた原因は不明なので終了後に確認する」と言われ「処分保留」のままプレーを続けた。優勝争いをしていながら、罰の有無が未定のままプレーを続けるのは気分が悪いし、集中力を欠く選手もいるだろう。結局ジョンソンはホールアウト後、「パターをグリーンに付けた直後にボールが動いた。それが原因とするのが妥当」とされ、1罰打を科された。

 遅すぎるペナルティーは優勝に影響がなかったことで事なきを得たが、大会を主催する全米ゴルフ協会(USGA)は20日、裁定が遅れたことをジョンソンと観客に謝罪した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る