「遊ばれた」阪神打線 DeNA久保康に手も足も出ず監督嘆き

公開日: 更新日:

「何と言うのか、遊ばれていたという感じ」

 呆れ果てたのか、敗戦の弁を述べる金本監督の口元には薄笑いすら浮かんでいた。

 30日、阪神はDeNA先発の久保康に完封負け。単発の3安打で二塁すら踏めず、手も足も出なかった。さらに甲子園の虎ファンを嘆かせたのが、ヒーローインタビューでの久保の言葉だろう。

「初対戦の相手が多かったので、引き気味にいきました。どういう意味か? 観察しながらということです」

 と話した久保。せっかく相手が慎重になっているのに、投げさせた球数はたったの109球。しかも、無四球だ。球筋を見極めるどころか、ダボハゼのごとくボール球に手を出し、チャンスすらつくれなかった。

「相手はコーナーと高低を使って投げてくる投手。ただ、真ん中だけを狙って気持ちよく打つなんてできるわけがない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  4. 4

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  5. 5

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  6. 6

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  7. 7

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  8. 8

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る