「遊ばれた」阪神打線 DeNA久保康に手も足も出ず監督嘆き

公開日: 更新日:

「何と言うのか、遊ばれていたという感じ」

 呆れ果てたのか、敗戦の弁を述べる金本監督の口元には薄笑いすら浮かんでいた。

 30日、阪神はDeNA先発の久保康に完封負け。単発の3安打で二塁すら踏めず、手も足も出なかった。さらに甲子園の虎ファンを嘆かせたのが、ヒーローインタビューでの久保の言葉だろう。

「初対戦の相手が多かったので、引き気味にいきました。どういう意味か? 観察しながらということです」

 と話した久保。せっかく相手が慎重になっているのに、投げさせた球数はたったの109球。しかも、無四球だ。球筋を見極めるどころか、ダボハゼのごとくボール球に手を出し、チャンスすらつくれなかった。

「相手はコーナーと高低を使って投げてくる投手。ただ、真ん中だけを狙って気持ちよく打つなんてできるわけがない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る