“弟分”決勝打に降雨コールド 金本阪神は踏んだり蹴ったり

公開日:  更新日:

「思ったとおりになかなか進めない」

 阪神の金本監督が厳しい表情でこう言ったのは、5位に転落したことだけが理由ではないだろう。

 24日の広島戦。2-2で迎えた八回に現役時代から“弟分”として可愛がっている新井に2点適時三塁打を浴び、これが決勝点になった。

「超変革」をスローガンに掲げ、勝ちながら選手を育てようとしている指揮官からすると、2位巨人に7ゲーム差をつけて首位を快走する今の古巣は、理想的なチームといえるだろう。

 交流戦で2試合連続サヨナラ本塁打を放つなど、現在売り出し中の鈴木(21)をはじめ、菊池(26)、丸(27)の「キクマルコンビ」が中心となり、遊撃の田中(26)も成長した。若手、中堅の生え抜き選手がチームを牽引している。

 金本監督は91年ドラフト4位で広島に入団し、徹底的に鍛えられた。自らの努力もあり、名選手になった。広島にはあった育成の伝統が阪神にはない。阪神でそれを根付かせるために、金本監督は就任後、練習や試合での取り組み方、姿勢を変えようと、必死に取り組んできた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る