“弟分”決勝打に降雨コールド 金本阪神は踏んだり蹴ったり

公開日: 更新日:

「思ったとおりになかなか進めない」

 阪神の金本監督が厳しい表情でこう言ったのは、5位に転落したことだけが理由ではないだろう。

 24日の広島戦。2-2で迎えた八回に現役時代から“弟分”として可愛がっている新井に2点適時三塁打を浴び、これが決勝点になった。

「超変革」をスローガンに掲げ、勝ちながら選手を育てようとしている指揮官からすると、2位巨人に7ゲーム差をつけて首位を快走する今の古巣は、理想的なチームといえるだろう。

 交流戦で2試合連続サヨナラ本塁打を放つなど、現在売り出し中の鈴木(21)をはじめ、菊池(26)、丸(27)の「キクマルコンビ」が中心となり、遊撃の田中(26)も成長した。若手、中堅の生え抜き選手がチームを牽引している。

 金本監督は91年ドラフト4位で広島に入団し、徹底的に鍛えられた。自らの努力もあり、名選手になった。広島にはあった育成の伝統が阪神にはない。阪神でそれを根付かせるために、金本監督は就任後、練習や試合での取り組み方、姿勢を変えようと、必死に取り組んできた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  9. 9

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る