• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最下位目前…金本阪神「超変革」にファンやOBが続々苦言

「絶望的な気持ちしかないですね」

 阪神ファンのひろさちや氏(宗教評論家)も嘆き節だった。

 26日の広島戦、九回裏の2死満塁で、松山の平凡な外野フライを中堅の中谷と左翼の俊介が交錯して落球。これが中谷の適時失策となり、サヨナラ負けを喫したのだ。

 98年以来18年ぶりの9連勝、20年ぶりの貯金14に沸く広島ナインとファンを横目に、阪神は24日の試合で同じ中谷が悪送球を犯すなど、ミス連発で広島相手に3連敗。金本監督は「ぶつかってでも捕りにいっている。お見合いするより全然いい」と声を絞り出したが、これで借金は今季最多の7。6位ヤクルトとは0・5差となり、最下位転落まで見えてきた。

 今季の阪神は「超変革」のスローガンを掲げてチームを大改革しようとしている。フロントは金本監督に対し、「2年連続最下位でもいい」とまで言った。開幕戦で新人の高山と高卒3年目の横田に「1、2番コンビ」を組ませるなど変化を感じさせたが、その「超変革」は看板倒れになりつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る