• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最下位目前…金本阪神「超変革」にファンやOBが続々苦言

「絶望的な気持ちしかないですね」

 阪神ファンのひろさちや氏(宗教評論家)も嘆き節だった。

 26日の広島戦、九回裏の2死満塁で、松山の平凡な外野フライを中堅の中谷と左翼の俊介が交錯して落球。これが中谷の適時失策となり、サヨナラ負けを喫したのだ。

 98年以来18年ぶりの9連勝、20年ぶりの貯金14に沸く広島ナインとファンを横目に、阪神は24日の試合で同じ中谷が悪送球を犯すなど、ミス連発で広島相手に3連敗。金本監督は「ぶつかってでも捕りにいっている。お見合いするより全然いい」と声を絞り出したが、これで借金は今季最多の7。6位ヤクルトとは0・5差となり、最下位転落まで見えてきた。

 今季の阪神は「超変革」のスローガンを掲げてチームを大改革しようとしている。フロントは金本監督に対し、「2年連続最下位でもいい」とまで言った。開幕戦で新人の高山と高卒3年目の横田に「1、2番コンビ」を組ませるなど変化を感じさせたが、その「超変革」は看板倒れになりつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る