制裁解除、譲歩に次ぐ譲歩…松山に媚びるJGTOの“ジリ貧”

公開日: 更新日:

 松山英樹(24)に対し、日本ゴルフツアー機構(JGTO)は先ごろ、シード権(5年間)維持に課していた年間5試合の出場義務試合数を免除することにして、同時に徴収した制裁金80万円も返金することを決めた。

 このタイミングで制裁が解除されたのは、「日本ツアーのメンバーとして、五輪に出て欲しい」(青木功会長)というのが表向きの理由だ。大西久光政策担当副会長は「複数年シード選手に出場義務試合を課したのは14年からで、松山の5年シード獲得後のこと。後づけのルールで制裁を科すのはおかしい」と説明した。

 とはいえ、それまで3試合だった出場義務試合数を5試合に引き上げたのは、米ツアーを主戦場とする松山を、少しでも日本ツアーに出場させ、観客動員を増やしたかったからだ。そんな強引なやり方に嫌気が差した松山は当時、「もう、好きにすればって感じ」と不快感をあらわにした。その後もコロコロ対応が変わったが、松山は日本ツアー登録をせず、日本のシード権には何の未練もなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  10. 10

    前澤氏と破局…剛力彩芽が目指すべきは上戸彩の「昼顔妻」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る