制裁解除、譲歩に次ぐ譲歩…松山に媚びるJGTOの“ジリ貧”

公開日: 更新日:

 松山英樹(24)に対し、日本ゴルフツアー機構(JGTO)は先ごろ、シード権(5年間)維持に課していた年間5試合の出場義務試合数を免除することにして、同時に徴収した制裁金80万円も返金することを決めた。

 このタイミングで制裁が解除されたのは、「日本ツアーのメンバーとして、五輪に出て欲しい」(青木功会長)というのが表向きの理由だ。大西久光政策担当副会長は「複数年シード選手に出場義務試合を課したのは14年からで、松山の5年シード獲得後のこと。後づけのルールで制裁を科すのはおかしい」と説明した。

 とはいえ、それまで3試合だった出場義務試合数を5試合に引き上げたのは、米ツアーを主戦場とする松山を、少しでも日本ツアーに出場させ、観客動員を増やしたかったからだ。そんな強引なやり方に嫌気が差した松山は当時、「もう、好きにすればって感じ」と不快感をあらわにした。その後もコロコロ対応が変わったが、松山は日本ツアー登録をせず、日本のシード権には何の未練もなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る