老人のワガママで大会出場 青木功JGTO会長途中棄権の愚

公開日: 更新日:

中日クラウンズ】

 話題作りなのか、現役のつもりなのか。

 青木功日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長(73)がツアーに出場した。JGTO会長がレギュラー大会に出るのは史上初で、73歳7カ月での出場は史上最年長記録更新だった。しかし、9番ホール終了後、右足痛を訴えて棄権。何とも締まらない結末となった。

 青木は「人を育む」をテーマに掲げて今年3月、新会長に就任。前日には「オレが頑張る姿を見せることで“無言の育む”じゃないけれど、若い子たちもやらなくちゃと思ってくれれば。いくつ叩こうがやるったらやる」と意気込んでいたが、自分が試合に出ることで「人を育む」ことができると思っているとしたら、大きな勘違いではないか。

「何が『人を育む』なのか。試合に出ると聞いた瞬間、こうなることは予想がつきました」と、評論家の宮崎紘一氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る