今季も増えた苦手投手 巨人“淡泊”打線は実績頼みがアダに

公開日: 更新日:

 前日(6月30日)の試合で巨人打線を完封した中日の若松は、直近の2試合でいずれも5回持たずにKOされていた。本人が「もう二軍かな」と言っていたほど状態が良くなかったにもかかわらず、巨人の各打者は手も足も出なかった。わずか2安打。三回以降は無安打に封じられた。昨年も1勝3敗だったこの若松に今季も巨人は2戦2敗。防御率1.69と抑え込まれているのだが、巨人がカモにされる先発投手は若松以外にもたくさんいる。

 同じ中日では左腕エースの大野にも2戦2敗の防御率1.00、バルデスにも3試合で0勝1敗の1.71、吉見にも2試合(0勝1敗)で0.75とやられ放題。広島ではジョンソン、野村に2度の対戦でそれぞれ0.53(1勝1敗)、1.64(2敗)とヒネられ、DeNAの井納にも2戦2敗の防御率1.20とカモられている。

 巨人OBの評論家、高橋善正氏は「今年の巨人打線は昨年以上に淡泊な印象を受ける。同じ投手にやられているなら、攻略するために全員が逆方向を意識するなど、チーム単位の策が必要でしょう。そういう工夫も見られない」と言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る