• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季も増えた苦手投手 巨人“淡泊”打線は実績頼みがアダに

 前日(6月30日)の試合で巨人打線を完封した中日の若松は、直近の2試合でいずれも5回持たずにKOされていた。本人が「もう二軍かな」と言っていたほど状態が良くなかったにもかかわらず、巨人の各打者は手も足も出なかった。わずか2安打。三回以降は無安打に封じられた。昨年も1勝3敗だったこの若松に今季も巨人は2戦2敗。防御率1.69と抑え込まれているのだが、巨人がカモにされる先発投手は若松以外にもたくさんいる。

 同じ中日では左腕エースの大野にも2戦2敗の防御率1.00、バルデスにも3試合で0勝1敗の1.71、吉見にも2試合(0勝1敗)で0.75とやられ放題。広島ではジョンソン、野村に2度の対戦でそれぞれ0.53(1勝1敗)、1.64(2敗)とヒネられ、DeNAの井納にも2戦2敗の防御率1.20とカモられている。

 巨人OBの評論家、高橋善正氏は「今年の巨人打線は昨年以上に淡泊な印象を受ける。同じ投手にやられているなら、攻略するために全員が逆方向を意識するなど、チーム単位の策が必要でしょう。そういう工夫も見られない」と言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

もっと見る