• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季も増えた苦手投手 巨人“淡泊”打線は実績頼みがアダに

 前日(6月30日)の試合で巨人打線を完封した中日の若松は、直近の2試合でいずれも5回持たずにKOされていた。本人が「もう二軍かな」と言っていたほど状態が良くなかったにもかかわらず、巨人の各打者は手も足も出なかった。わずか2安打。三回以降は無安打に封じられた。昨年も1勝3敗だったこの若松に今季も巨人は2戦2敗。防御率1.69と抑え込まれているのだが、巨人がカモにされる先発投手は若松以外にもたくさんいる。

 同じ中日では左腕エースの大野にも2戦2敗の防御率1.00、バルデスにも3試合で0勝1敗の1.71、吉見にも2試合(0勝1敗)で0.75とやられ放題。広島ではジョンソン、野村に2度の対戦でそれぞれ0.53(1勝1敗)、1.64(2敗)とヒネられ、DeNAの井納にも2戦2敗の防御率1.20とカモられている。

 巨人OBの評論家、高橋善正氏は「今年の巨人打線は昨年以上に淡泊な印象を受ける。同じ投手にやられているなら、攻略するために全員が逆方向を意識するなど、チーム単位の策が必要でしょう。そういう工夫も見られない」と言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る