• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

由伸監督“和やか報告”も…3年契約の真の怖さは「2年目」

 巨人の高橋由伸監督(41)が7日、読売新聞本社を訪れ、老川祥一オーナー(74)、渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆(90)、山口寿一同社長(59)に前半戦の報告を行った。

 高橋監督は「チームの現状を報告した。意見交換。私なりの考えだったり、いろんな意見を言わせてもらった。こちらが思うこともあるし、幹部の皆さんの意見もある。いい時間だった」と和やかな会談だったと強調。激励の言葉もあったという。

 巨人は試合前の時点で借金3。首位の広島とは9・5ゲームの大差がついているが、昨オフによってたかって祭り上げた新人青年監督に、そりゃ文句は言えない。特に老川オーナーは2日前の5日に東京ドームで高橋監督と会談。前日も観戦に訪れるなど高橋監督とベッタリという状態である。

 が、こんな状況は今だけだ。高橋監督の契約は3年だが、2年目の来夏も借金地獄に苦しむようなら、報告はもっと厳しいものになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る