由伸監督“和やか報告”も…3年契約の真の怖さは「2年目」

公開日:  更新日:

 巨人の高橋由伸監督(41)が7日、読売新聞本社を訪れ、老川祥一オーナー(74)、渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆(90)、山口寿一同社長(59)に前半戦の報告を行った。

 高橋監督は「チームの現状を報告した。意見交換。私なりの考えだったり、いろんな意見を言わせてもらった。こちらが思うこともあるし、幹部の皆さんの意見もある。いい時間だった」と和やかな会談だったと強調。激励の言葉もあったという。

 巨人は試合前の時点で借金3。首位の広島とは9・5ゲームの大差がついているが、昨オフによってたかって祭り上げた新人青年監督に、そりゃ文句は言えない。特に老川オーナーは2日前の5日に東京ドームで高橋監督と会談。前日も観戦に訪れるなど高橋監督とベッタリという状態である。

 が、こんな状況は今だけだ。高橋監督の契約は3年だが、2年目の来夏も借金地獄に苦しむようなら、報告はもっと厳しいものになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る