前半ラスト先発7失点も ヤンキース田中「ローテ守れた」

公開日: 更新日:

 日本人エース右腕が不甲斐ない形で前半戦を終えた。

 ヤンキース・田中将大(27)が10日(日本時間11日)のインディアンス戦に7勝目(2敗)をかけて登板。4回3分の2を1本塁打を含む10安打7失点(自責点3)、5三振2四球で勝敗は付かなかった。

 田中が強打のインディアンス打線に捕まったのは大量10点リードの五回だった。甘く入った変化球を狙い打ちされ、1死二塁から3連打を浴びる。2死後、味方の失策に足を引っ張られて加点されると、8番ナキンにキレのない変化球を右翼スタンドに運ばれてKOされた。

 大リーグは10日で前半戦を終了。オールスター(12日=サンディエゴ)を挟んで15日に再開される。田中は18試合(計117回)で6勝2敗、防御率3.23で前半戦を折り返した。

 球威がなく、開幕当初は故障を懸念された田中。試合後には「前半戦を離脱することなく、しっかりとローテーションを守れたのは今年が初めて。最後、こういう登板になってしまったが、悪いところばかりではない」と満足そうに振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る