• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5年ぶり完封勝利 ソフトB岩崎の課題は“ハートの弱さ”だけ

「落ち着いては、いたと思うんですけど、ヒットもたくさん打たれたし、細川さんがうまくリードしてくれたおかげです」

 ヒーローインタビューで謙虚に話したのが、ソフトバンクの岩崎翔(26)だ。7日のオリックス戦に先発し、9回9安打無失点。11年以来、5年ぶりとなる完封勝利で3勝目を飾った。

 当初は救援を務めるも、疲労で離脱中のバンデンハークの代役として、6月30日のロッテ戦から先発に回った。防御率は0.72。だからといって首脳陣から全幅の信頼を置かれているわけじゃない。それがメンタル面の不安だ。

 岩崎が新人王争いを繰り広げていた11年のシーズン中。ある記者が「チームも優勝しそうだし、貢献度を考えれば新人王もあるぞ」と水を向けると、岩崎は無言。すると、近くにいた球団スタッフは苦笑いしてこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る