• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5年ぶり完封勝利 ソフトB岩崎の課題は“ハートの弱さ”だけ

「落ち着いては、いたと思うんですけど、ヒットもたくさん打たれたし、細川さんがうまくリードしてくれたおかげです」

 ヒーローインタビューで謙虚に話したのが、ソフトバンクの岩崎翔(26)だ。7日のオリックス戦に先発し、9回9安打無失点。11年以来、5年ぶりとなる完封勝利で3勝目を飾った。

 当初は救援を務めるも、疲労で離脱中のバンデンハークの代役として、6月30日のロッテ戦から先発に回った。防御率は0.72。だからといって首脳陣から全幅の信頼を置かれているわけじゃない。それがメンタル面の不安だ。

 岩崎が新人王争いを繰り広げていた11年のシーズン中。ある記者が「チームも優勝しそうだし、貢献度を考えれば新人王もあるぞ」と水を向けると、岩崎は無言。すると、近くにいた球団スタッフは苦笑いしてこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る