ハム猛追も焦りなし ソフトB“王者の余裕”いつまで続く?

公開日: 更新日:

 2位日本ハムに猛追されているソフトバンク。一時期は最大11.5ゲーム差と突き放していたが、日ハムが15連勝と破竹の快進撃を見せ、その差は5ゲームに縮まった。

 しかし、ソフトバンクに焦りはない。12日のロッテ戦では、カニザレスと福田を一軍昇格。ともに1カ月以上出番のなかった選手だけに、主力がバテてくる後半戦に向けた戦力の底上げという意図があるのだろう。

 まるで優勝したチームが、来季に向けて若手を試しているような印象すらある。日ハムが後ろから迫っているのに、気にするそぶりすらない。

 ある球団OBは「さすがに工藤監督やコーチ陣は心配していますよ」と、こう続ける。

「でも、それを表に出しては選手が動揺するし、まだまだムチを入れる時期でもない。工藤監督も一貫して、『目標は優勝』と話していますからね。少なくとも、いまの時期に首位を死守する必要はないと考えている。もっとも、これが3ゲーム、2ゲームと僅差になれば、そうも言ってられず、動揺もするでしょうが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る