ハム猛追も焦りなし ソフトB“王者の余裕”いつまで続く?

公開日:  更新日:

 2位日本ハムに猛追されているソフトバンク。一時期は最大11.5ゲーム差と突き放していたが、日ハムが15連勝と破竹の快進撃を見せ、その差は5ゲームに縮まった。

 しかし、ソフトバンクに焦りはない。12日のロッテ戦では、カニザレスと福田を一軍昇格。ともに1カ月以上出番のなかった選手だけに、主力がバテてくる後半戦に向けた戦力の底上げという意図があるのだろう。

 まるで優勝したチームが、来季に向けて若手を試しているような印象すらある。日ハムが後ろから迫っているのに、気にするそぶりすらない。

 ある球団OBは「さすがに工藤監督やコーチ陣は心配していますよ」と、こう続ける。

「でも、それを表に出しては選手が動揺するし、まだまだムチを入れる時期でもない。工藤監督も一貫して、『目標は優勝』と話していますからね。少なくとも、いまの時期に首位を死守する必要はないと考えている。もっとも、これが3ゲーム、2ゲームと僅差になれば、そうも言ってられず、動揺もするでしょうが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る