ファンは願ったり 強すぎるソフトバンク4連敗でパに活気

公開日: 更新日:

「この調子で負けてくれたら……」

 そう願っているファンは少なくないだろう。ソフトバンクは5日のオリックス戦に5安打完封負け。3試合連続無得点で今季初の4連敗だ。

 ソフトバンクは昨年、59年ぶりに90勝に到達。今季も50年ぶりに30試合以内で貯金を10とし、「このままならプロ野球初の100勝もあるんじゃないか」と言われてきた。5月は18勝5敗1分けで交流戦のあった6月も16勝6敗1分けと大きく勝ち越し、最短なら7月2日に優勝マジック(57か58)が点灯するはずだった。ところが、そこからまさかの4連敗。しかも、ここ3試合は零封負け。6月末には2位ロッテと8.5ゲーム差だったのが、これで11連勝の2位日ハムとは5.5ゲーム差にまで縮まった。

 もっとも、強すぎるソフトバンクの連敗地獄は、プロ野球ファンにとっては喜ばしいこと。早くに優勝が決まってしまえば、パの残り試合の注目はクライマックスシリーズの出場権争いだけ。ソフトバンクのファンだって、早々に優勝すれば残りは勝っても負けても関係ない消化試合となり、応援にも熱が入らない。やはり勝負事のひとり勝ちはおもしろくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  5. 5

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  6. 6

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

もっと見る