ファンは願ったり 強すぎるソフトバンク4連敗でパに活気

公開日: 更新日:

「この調子で負けてくれたら……」

 そう願っているファンは少なくないだろう。ソフトバンクは5日のオリックス戦に5安打完封負け。3試合連続無得点で今季初の4連敗だ。

 ソフトバンクは昨年、59年ぶりに90勝に到達。今季も50年ぶりに30試合以内で貯金を10とし、「このままならプロ野球初の100勝もあるんじゃないか」と言われてきた。5月は18勝5敗1分けで交流戦のあった6月も16勝6敗1分けと大きく勝ち越し、最短なら7月2日に優勝マジック(57か58)が点灯するはずだった。ところが、そこからまさかの4連敗。しかも、ここ3試合は零封負け。6月末には2位ロッテと8.5ゲーム差だったのが、これで11連勝の2位日ハムとは5.5ゲーム差にまで縮まった。

 もっとも、強すぎるソフトバンクの連敗地獄は、プロ野球ファンにとっては喜ばしいこと。早くに優勝が決まってしまえば、パの残り試合の注目はクライマックスシリーズの出場権争いだけ。ソフトバンクのファンだって、早々に優勝すれば残りは勝っても負けても関係ない消化試合となり、応援にも熱が入らない。やはり勝負事のひとり勝ちはおもしろくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  3. 3

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る