ファンは願ったり 強すぎるソフトバンク4連敗でパに活気

公開日:  更新日:

「この調子で負けてくれたら……」

 そう願っているファンは少なくないだろう。ソフトバンクは5日のオリックス戦に5安打完封負け。3試合連続無得点で今季初の4連敗だ。

 ソフトバンクは昨年、59年ぶりに90勝に到達。今季も50年ぶりに30試合以内で貯金を10とし、「このままならプロ野球初の100勝もあるんじゃないか」と言われてきた。5月は18勝5敗1分けで交流戦のあった6月も16勝6敗1分けと大きく勝ち越し、最短なら7月2日に優勝マジック(57か58)が点灯するはずだった。ところが、そこからまさかの4連敗。しかも、ここ3試合は零封負け。6月末には2位ロッテと8.5ゲーム差だったのが、これで11連勝の2位日ハムとは5.5ゲーム差にまで縮まった。

 もっとも、強すぎるソフトバンクの連敗地獄は、プロ野球ファンにとっては喜ばしいこと。早くに優勝が決まってしまえば、パの残り試合の注目はクライマックスシリーズの出場権争いだけ。ソフトバンクのファンだって、早々に優勝すれば残りは勝っても負けても関係ない消化試合となり、応援にも熱が入らない。やはり勝負事のひとり勝ちはおもしろくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る